戴 正呉(たい せいご、Tai Jeng-wu、1951年9月3日 - )は、台湾出身の実業家フォックスコン副總裁、シャープ代表取締役会長兼CEO兼台湾代表。

人物・経歴編集

台湾の宜蘭県頭城鎮出身[1]。1974年大同工学院(現大同大学化学工程学系卒業後、大同股份有限公司を経て[2]、1986年鴻海精密工業股份有限公司入社。2001年鴻海精密工業股份有限公司董事代表人。2004年鴻海科技集團副總裁。2009年乙盛精密工業股份公司董事。2012年天鈺科技股份公司董事代表人[3]

2016年から鴻海科技集團の傘下となったシャープ代表取締役社長として経営再建にあたり、債務超過の解消や業績の急回復により、2017年には東京証券取引所1部への復帰を果たした[4]。2018年シャープ代表取締役会長兼社長[5]台湾代表[6]。2020年シャープ代表取締役会長兼CEO[7]

脚注編集

  1. ^ シャープ新社長、「日本通」は表の顔日経ビジネス
  2. ^ シャープ 社長に戴氏 鴻海副総裁、社外登用は初毎日新聞2016年8月13日
  3. ^ [1]シャープ
  4. ^ シャープ社長、東証1部復帰「飛躍的成長を目指す」 記者会見日本経済新聞2017/12/7 11:56
  5. ^ 「シャープ 戴正呉社長、会長を兼務」毎日新聞2018年5月11日
  6. ^ 「シャープの戴正呉社長が台湾代表を兼任 高級路線に転換」産経ニュース-2018/09/27
  7. ^ シャープ、社長に野村氏 戴氏は会長兼CEOに” (日本語). 日本経済新聞 (2020年5月19日). 2020年5月20日閲覧。