メインメニューを開く

戸城 憲夫(としろ のりお、1960年7月5日 - )は、日本ロックミュージシャンベーシスト香川県生まれ、埼玉県出身。拓殖大学卒。グラスデッドフリッカーズを経て、ZIGGYに加入。作曲、編曲を担当。おいちゃんという愛称で親しまれている。

戸城憲夫
出生名 戸城憲夫
別名 DUCK-LEE
おいちゃん
生誕 (1960-07-05) 1960年7月5日(59歳)
出身地 日本の旗 日本 埼玉県
学歴 拓殖大学
ジャンル ロック
ハードロック
ヘヴィメタル
職業 ベーシスト作曲家
担当楽器 ベース
共同作業者 THE SLUT BANKS
公式サイト 世田谷スポーツ
ニッキー・シックス

来歴編集

  • 1986年、G.D.FLICKERSを経て、ZIGGYに加入。
  • 1987年、ZIGGYのベーシストとして徳間ジャパンよりメジャーデビュー。森重樹一とともに、ZIGGYの約半数の楽曲を作曲。
  • 1990年、"山羊智詞&赤羽楽団"に参加。
  • 1992年、横関敦新美俊宏、土橋宗一郎とともにバンド"LANCE OF THRILL"結成。
  • 1996年、LANCE OF THRILLから土橋が脱退、板谷祐を迎えバンドはTHE SLUT BANKSとして活動開始。
  • 1999年、ZIGGY脱退。
  • 2000年、板谷祐の脱退に伴いTHE SLUT BANKSは解散、即座に高木フトシを迎えBAD SiX BABiESとして活動開始。
  • 2002年、BAD SiX BABiES解散。
  • 2003年、森重樹一、元SADS坂下たけとも満園英二とともに、The DUST'N'BONEZ結成。
    2011年の森重脱退まで、ライヴを中心にアルバム4枚、シングル2枚、ミニアルバム2枚リリースと精力的に活動。
  • 2007年、THE SLUT BANKS活動再開。
  • 2010年、森重、宮脇"JOE"知史とともにZIGGYとして期間限定のツアーを行う。
  • 2010年、BAD SiX BABiES活動再開。
  • 2011年、THE SLUT BANKSとBAD SiX BABiESの初のスプリットツアーを行う。
  • 2014年、森重の呼びかけで30周年を迎えたZIGGYを期間限定の再開。

人物編集

  • 敬愛するミュージシャンは、ビートルズキッスニューヨーク・ドールズハノイ・ロックスモトリー・クルーガンズ・アンド・ローゼズなど。また、自らと同時代に活動しているミュージシャンへの敬愛も度々語っている。
  • 常に最先端の音楽に敏感に反応し、それを音楽性に反映させ、ZIGGYのバンドとしての成長に一役買った人物である。森重樹一の発言によると、ZIGGYがユニット編成であった1990年代中期はとりわけ貪欲に音楽の探究を行っており、当時のZIGGYの音楽性も戸城の嗜好が反映されることが多かったという。[1]
  • ベテランミュージシャンとして扱われる事を極端に嫌っており、事あるごとに「若々しくやりたい」といった旨の発言をしている。THE SLUT BANKS結成時にキャリアを持つメンバーを揃えながらも、変名、扮装を行ったのはそのような戸城のこだわりの表れである。[2]
  • ベースプレイはほとんどピック弾きで行う。
  • 長年に渡り株投資をしており、自身のHP「[1]世田谷スポーツ」では株日記を書いている。また「ダイヤモンドZAi」(2007年8月号)「セキララ投資家日記」のコーナーに登場し、「損切りなんてロックじゃねえよ!」という衝撃的なコメントと共に、株式投資を始めた経緯や投資スタンスなどを赤裸々に語った。
  • イラストやデザインの才能にも長けており、これまで所属してきたバンドの作品やグッズに活かされている。
  • 奔放な発言の多さとは裏腹に、ゲームセンターでのアルバイト時代にいじめられていた中学生を助ける、痴漢を取り押さえて殴りかかるといった正義感の強い一面もある。[3] [4]
  • 機材に関してはZIGGY初期よりフェルナンデスを使用モッキンバードシェイプやサンダーバード、独自のシェイプのモデルなどを同社で製作している。近年はGibsonのNIKKI SIXXモデルであるBLACKBIRDをメインとしている。アンプはアンペグフェンダー、アッシュダウン、エフェクトはクライオ処理されたチューブスクリーマー。2015年にイケベ楽器よりNoah'sark Custom Shop Seriesとして、戸城憲夫本人監修のBass Overdrive(愛称「ぴーこ」)を発売。
  • SIAM SHADENATCHINは戸城からもらったベースを所有しているとのこと。
  • ヘヴィメタル雑誌『BURRN!』で喜国雅彦の6コマ漫画「ROCKOMANGA!」を連載するきっかけを作ったのは戸城であり、戸城がBURRN!の誌面の固さに疑問を感じ、当時副編集長で親交もある増田勇一に喜国の漫画を掲載出来るよう提案を出したところ、増田が酒井に交渉した結果連載が決まった[5]

バンド遍歴&ディスコグラフィ編集

バンド メンバー リリース
ZIGGY
1986年 - 1992年9月

アルバム

シングル

  • I'M GETTIN' BLUE
  • GLORIA
  • SING MY SONG (I JUST WANT TO SING MY SONG)
  • ONE NIGHT STAND
  • 午前0時のMERRY-GO-ROUND/LET'S DO IT WITH THE MUSIC

映像作品

  • 1.16.芝浦・冬の陣
  • ALL THAT ZIGGY
  • BIG MOUTH
  • ALL THAT ZIGGY 2
  • ALL or NOTHING
  • ZIGGY THE MOVIE〜それゆけ! R&R BAND
  • COME ON EVERYBODY
ZIGGY
1992年9月 - 1995年12月
  • 森重樹一 - ボーカル
  • 戸城憲夫 - ベース

アルバム

シングル

LANCE OF THRILL
1992年 - 1996年
  • 土橋宗一郎 - ボーカル
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 横関敦 - ギター
  • 新美俊宏 - ドラム
ZIGGY
1995年12月 - 1998年1月

アルバム

  • WHAT NEWS!?
  • CRAWL

シングル

TUSK
1996年
  • 3 SONGS
THE SLUT BANKS
1996年 - 1998年
  • 板谷祐 - ボーカル
  • 横関敦 - ギター
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 新美俊宏 - ドラム
  • 死霊の悪知恵 Sly&the Dead
  • 涙の最終飛行 (シングル)
  • 死霊の激愛~Do or Die~
  • 死霊のロックンロール (映像作品)
  • Pika-Bang (シングル)
  • I'LL GO ALOUND (シングル)
  • TOY (シングル)
  • 死霊光線 ~Evil Beam~
  • 死霊の幻 (2007年発売)
ZIGGY
1998年1月 - 2000年1月
  • 森重樹一 - ボーカル
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 松尾宗仁 - ギター
  • 宮脇“JOE”知史 - ドラム

アルバム

  • Goliath Birdeater

シングル

  • マケイヌ
  • Without…
THE SLUT BANKS
1999年 - 2000年
  • 板谷祐 - ボーカル
  • 石井ヒトシ - ギター
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 新美俊宏 - ドラム
  • BABYBUSTER (シングル)
  • 死霊遊戯 ~Evil The Dragon~
  • 死霊終了~Evil the End~
BAD SiX BABiES
2000年 - 2002年
  • 高木フトシ - ボーカル
  • 石井ヒトシ - ギター
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 新美俊宏 - ドラム
  • DEAD WIRE SONGS EP (シングル)
  • BLACK CAT BABiES (ロッキンf2001年3月号特典)
  • GENERATION A -RED E.P.- (シングル)
  • Perfect Emotion (配布CD)
  • BAD SiX BABiES (DVD)
  • ROCKETS (DVD)
The DUST'N'BONEZ
2004年 - 2010年
  • Comfusion (デモCD)
  • FLAME SKULL BASTARDS
  • LOVE/HATE (CDシングル&DVD)
  • 透明なピストル (シングル)
  • TOUR '04 FLAME SKULL BASTARDS (DVD)
  • ROCK'N' ROLL CIRCUS
  • TOUR 2007-ROCK'N'ROLL CIRCUS (DVD)
  • The DUST'N'BONEZ (DVD)
  • Demo (デモCD)
  • COCKSUCKER BLUES
  • Demo Ⅱ (デモCD)
  • DUST&BONES
THE SLUT BANKS
2007年 - 2011年
  • 板谷祐 - ボーカル
  • 石井ヒトシ - ギター
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 満園英二 - ドラム
  • 極!SHOCK
  • METAL MIND
  • 極 METAL MIND
BAD SiX BABiES
2010年 - 2011年
  • 高木フトシ - ボーカル
  • 石井ヒトシ - ギター
  • 坂下たけとも - ギター
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 大山正篤 - ドラム
  • LAST DAY'S
ZIGGY
2010年
  • 森重樹一 - ボーカル
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 宮脇“JOE”知史 - ドラム
THE SLUT BANKS
2011年 - 2013年2月
  • 板谷祐 - ボーカル
  • 横関敦 - ギター
  • 石井ヒトシ - ギター
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 満園英二 - ドラム
THE SLUT BANKS
2013年2月 - 2014年4月
  • 板谷祐 - ボーカル
  • 石井ヒトシ - ギター
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 城戸紘志 - ドラム※サポート
  • ロマンス
THE SLUT BANKS
2014年4月 - 2015年6月
  • 板谷祐 - ボーカル
  • 石井ヒトシ - ギター
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 金川卓矢 - ドラム
  • Swingin' Slow
ZIGGY
2014年
  • 森重樹一 - ボーカル
  • 戸城憲夫 - ベース
  • カトウタロウ - ギター
  • 金川卓矢 - ドラム
  • 逆説のファンタジア (シングル)
THE SLUT BANKS
2015年
  • 板谷祐 - ボーカル
  • 横関敦 - ギター
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 金川卓矢 - ドラム
  • TOKYO MAD STORY/呻き (シングル)
  • METALLIC JUNK
THE SLUT BANKS
2015年8月 - 2018年8月
  • 板谷祐 - ボーカル
  • 坂下たけとも - ギター
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 金川卓矢 - ドラム
  • 69BABY (シングル)
  • ROXY BABY
  • 1996 FIND MY WAY
  • ダイレクトテイスト
地獄ヘルズ

2017年 -

  • 板谷祐 - ボーカル
  • カタヤマヒロキ - ボーカル
  • nao - ボーカル
  • 荒金祐太朗 - ギター
  • johnny - ギター
  • 横関敦 - ギター
  • 戸城憲夫 - ベース
  • 金川卓矢 - ドラム
  • 菊地哲 - ドラム
  • 地獄ヘルズ
  • 地獄のロックンロールファイヤー
  • LOVE & MADNESS
THE SLUT BANKS
2018年9月 -
  • 板谷祐 - ボーカル
  • 坂下たけとも - ギター
  • 戸城憲夫 - ベース
  • たかうらみつたか - ドラム
  • HAYATO - ドラム
  • NOIZ THE RIPPER

楽曲提供編集

  • 大西結花
    「マスカレード」作詞:小幡洋子 作曲:戸城憲夫
  • 尾身和樹
    「BE ALIVE」作詞:尾身和樹・今泉圭姫子 作曲:戸城憲夫 「BIRD」作詞:今泉圭姫子 作曲:戸城憲夫
    「FUTURE LUCK」作詞:尾身和樹 作曲:戸城憲夫 「MY SONG」作詞:高木誠一郎 作曲:戸城憲夫
  • キッド・ロビン
    「Good Lovin'」作詞:Thoman Benjamin Robinson 作曲:戸城憲夫
  • CRIPTON
    「嵐ヶ丘」作詞:今野久美・森本公紀 作曲:戸城憲夫
  • 高橋不二人
    「DONG JA KA」作詞:高橋不二人 作曲:高橋不二人・戸城憲夫
  • TUSK
    「CAST」作詞:板谷祐 作曲:戸城憲夫
  • ダークキャット・イメージアルバム
    「HUMANISM 19XX」「LONELY GENERATION」「MAD WORLD」 いずれも作詞:紅玉 作曲:戸城憲夫
  • 中山忍
    「千年の難破船」作詞:石川あゆ子 作曲:戸城憲夫
  • 野沢直子
    「彼は新聞少年」作詞:野沢直子 作曲:戸城憲夫
  • hiro-C
    「じゃがたわーのうた ユメニムカッテ」作詞:今泉圭姫子 作曲:戸城憲夫
  • 兵藤ゆき
    「地図にない街」作詞:兵藤ゆき 作曲:戸城憲夫
  • BABY'S
    「TEACHER TEACHER」作詞:井上龍仁 作曲:戸城憲夫
  • 松本梨香
    「あたしナイスな純・情・派」作詞:紅玉 作曲:戸城憲夫
  • 森重樹一
    「Rusty Voice」作詞:森重樹一 作曲:戸城憲夫
  • 山瀬まみ
    「花売り娘」「本日はSEITEN成り」いずれも作詞:山瀬まみ 作曲:戸城憲夫

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ HEAVEN AND HELL 天国と地獄のはざまで SIDE HEAVEN
  2. ^ ロッキンf 2000年11月号
  3. ^ 派手目な普段着
  4. ^ アリーナ37℃ 1990年
  5. ^ 「ROCKOMANGA!」(リットーミュージック)256~257p 喜国雅彦インタビューより

外部リンク編集