メインメニューを開く

戸塚 祥太(とつか しょうた、1986年11月13日 - )は、日本のタレント俳優であり、愛知県生まれ[4]東京都出身[2]ジャニーズ事務所に所属する、男性アイドルグループA.B.C-Zのメンバーである。

とつか しょうた
戸塚 祥太
生年月日 (1986-11-13) 1986年11月13日(32歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 170 cm[1]
血液型 B型[2]
職業 タレント俳優歌手
活動期間 1999年4月25日[3] -
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト A.B.C-Z Official Site - ポニーキャニオン公式サイト
Johnny’s net > A.B.C-Z - ジャニーズ事務所公式サイト
主な作品
テレビドラマ
癒し屋キリコの約束
トーキョーエイリアンブラザーズ
舞台
熱海殺人事件
『広島に原爆を落とす日』
映画
恋する♡ヴァンパイア
バラエティー
はなまるマーケット
備考
ジャニーズ事務所A.B.C-Zのメンバー

目次

来歴編集

物心がついた頃からドラマや映画に出たいという思いがあり[5]、母親が履歴書を送り、オーディションを経て[6]1999年4月25日[3]に12歳でジャニーズ事務所に入所[5]。翌月5月のジャニーズJr.のコンサート『Fresh Spring Concert』[7]横浜アリーナ公演でコンサートに初出演する[8]。当初、母親から「ジャニーズがどんな世界かスパイしてきなさい」と言われていたが、のちに「不良にならないためにジャニーさんに預けた」と明かされたという[7]2000年頃、ジャニーズJr.内ユニット・A.B.C.のメンバーに選ばれる[9]

2006年7月、期間限定ユニット・Kitty GYMのメンバーに選ばれ、山下智久などと共に『女子バレーボール ワールドグランプリ2006』のスペシャルサポーターを務める[9]2008年8月、A.B.C-Zのメンバーに選ばれる[9]

2012年日本テレビ系テレビドラマ『ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜』でテレビドラマ初出演[10]、そして2015年の『恋する♡ヴァンパイア』で幼い頃からの念願の映画初出演を果たす[5]

出演編集

グループでの出演は A.B.C.#出演A.B.C-Z#出演を参照。個人での出演のみ記載。

※主演作品は太字表記

舞台編集

コンサート編集

  • Fresh Spring Concert(1999年5月2日 - 6月20日、横浜アリーナ・大阪城ホール)[7][25]
  • ジャニーズJr.特急〈10.9〉投球〈10.9〉コンサート 10月9日東京ドームに大集合!!(1999年10月9日、東京ドーム)[25]

テレビドラマ編集

映画編集

バラエティ編集

CM編集

作品編集

ソロ曲編集

CD・DVD収録曲編集

  • ドラマ(作詞:戸塚祥太、作曲:AKING) - JASRAC作品コード:712-4861-7。『A.B.Sea Market』収録。
  • V(作詞:戸塚祥太、作曲:BIGMAN) - JASRAC作品コード:715-3847-0。『ABC STAR LINE』収録。
  • Dolphin(作詞:戸塚祥太、作曲:戸塚祥太・清水哲平) - JASRAC作品コード:717-7624-9。『5 Performer-Z』収録。
  • 君といた(作詞:戸塚祥太、作曲:伊郷アクン) - JASRAC作品コード:186-5550-5。ライブDVD『A.B.C-Z 2013 Twinkle×2 Star Tour』収録。
  • トキメキイマジネーション(作詞:戸塚祥太、作曲:AKING) - JASRAC作品コード:204-3600-9。ライブDVD『Summer Concert 2014 A.B.C-Z★"Legend"』収録。

CD未収録曲編集

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」において、アーティスト名に「戸塚祥太」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

  • はじまりの音(作詞・作曲:戸塚祥太) - JASRAC作品コード:169-8116-2。
  • Lonely Dancer(作詞:戸塚祥太、作曲:BORG KEVIN JAMES) - JASRAC作品コード:1K3-6428-2。

作詞編集

  • ずっとLOVE(作詞:戸塚祥太[37]、作曲:FREMBERG DAVID NILS MATTIAS) - JASRAC作品コード:1D5-6039-9(A.B.C-Z名義曲)。『ずっとLOVE』収録。
  • Let's Go〜未来へ架かる橋〜(作詞:戸塚祥太・河合郁人、作曲:滝沢秀明) - JASRAC作品コード:182-5155-2(A.B.C-Z名義曲)。『From ABC to Z』収録。
  • 5 Rings(作詞:戸塚祥太、作曲:EDBERGER NIKLAS) - JASRAC作品コード:1F4-1606-6(A.B.C-Z名義曲)。『From ABC to Z』収録。
  • (作詞︰戸塚祥太、作曲:Didrik Thott・Christian Fast・Henrik Nordenback) - JASRAC作品コード:7E2-8845-1(A.B.C-Z名義曲)。『JOYしたいキモチ』収録。

著作編集

単行本編集

  • ジョーダンバットが鳴っている(2018年3月 KADOKAWA

雑誌連載編集

  • ジョーダンバットが鳴っている 2(KADOKAWA『小説 野性時代』2018年2月号 - 2019年2月号)[39]

脚注編集

  1. ^ A.B.C-Zカレンダー 2016.4-2017.3(学研プラス 2016/3/9)
  2. ^ a b Profile”. Johnny's net. 2015年3月28日閲覧。
  3. ^ a b 「笑ゲキ!僕らのジャニーズ裏伝説」『ポポロ』2013年11月号、麻布台出版社、 130頁。
  4. ^ a b 戸塚祥太のコメントに遼河はるひ「初めて見た」”. ザテレビジョン (2015年7月28日). 2015年7月29日閲覧。
  5. ^ a b c 戸塚祥太 (2015年4月9日). 【戸塚祥太】念願の映画出演 ネット上の「奇行伝説」にはおおらか(1/3ページ). インタビュアー:志和浩司. zakzak.. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20150409/peo1504090830001-n1.htm 2016年5月23日閲覧。 
  6. ^ 戸塚祥太 (2015年4月9日). 【戸塚祥太】念願の映画出演 ネット上の「奇行伝説」にはおおらか(2/3ページ). インタビュアー:志和浩司. zakzak.. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20150409/peo1504090830001-n2.htm 2016年5月23日閲覧。 
  7. ^ a b c 「10000字ロングインタビュー STAND BY ME 〜いつもそばにいてくれたね〜」『Myojo』2017年3月号、集英社、2017年1月23日、 209-214頁。
  8. ^ 「僕が恋する世界」『オリスタ』第1816巻2015年12月28日号、オリコン、2015年12月18日、 44-49頁。
  9. ^ a b c d 戸塚祥太 (2015年4月9日). 【戸塚祥太】念願の映画出演 ネット上の「奇行伝説」にはおおらか(3/3ページ). インタビュアー:志和浩司. zakzak.. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20150409/peo1504090830001-n3.htm 2016年5月23日閲覧。 
  10. ^ a b 戸塚祥太 (2015年8月4日). A.B.C-Z戸塚祥太「未熟さを痛感できて嬉しい」 “俳優業”に刺激「もっとできる」 モデルプレスインタビュー. (インタビュー). モデルプレス.. http://mdpr.jp/interview/detail/1508980 2016年5月23日閲覧。 
  11. ^ a b A.B.C-Z Biography 2008”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2018年7月5日閲覧。
  12. ^ タッキー「ジャニーさんの下で仕事できることが幸せ!」”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2011年10月3日). 2016年5月23日閲覧。
  13. ^ 戸塚祥太が“限定版”で破天荒キャラを熱演 舞台「熱海殺人事件」で木村伝兵衛役”. eエンタメOVO. 共同通信社 (2013年7月20日). 2017年12月22日閲覧。
  14. ^ つか作品「出発」が錦織一清演出で36年ぶりに復活 戸塚祥太、主演舞台に「全力を尽くします」”. 共同通信社 (2014年5月1日). 2014年5月3日閲覧。
  15. ^ “A.B.C-Z戸塚、つか作品挑戦 舞台で初、軍人役”. CHUNICHI Web. (2015年1月19日). オリジナルの2015年1月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150119023552/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2015011902000169.html 2015年3月28日閲覧。 
  16. ^ 戸塚祥太 主演舞台のセリフ多く声枯れる”. デイリースポーツ (2015年4月1日). 2015年4月2日閲覧。
  17. ^ 「寝盗られ宗介」戸塚祥太が一座の座長役に、男衆従え大衆演劇ショー見せる”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年2月8日). 2016年2月9日閲覧。
  18. ^ 帝国劇場『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』”. JOHNNY'S ALL STARS ISLAND. 東宝 (2016年). 2016年12月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月7日閲覧。
  19. ^ “A.B.C-Z塚田僚一にセクゾ佐藤勝利がお年玉おねだり”. Sponichi Annex. (2017年1月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/03/kiji/20170102s00041000116000c.html 2017年4月6日閲覧。 
  20. ^ A.B.C-Z 戸塚祥太が2人芝居に初挑戦「稽古中は2時間しか寝られない日々」舞台「Defiled-ディファイルド-」”. TV LIFE. 学研プラス (2017年4月6日). 2017年4月7日閲覧。
  21. ^ 出演キャストやチケット情報など” (2017年). 2017年4月7日閲覧。
  22. ^ ミュージカル『恋する♡ヴァンパイア』”. 2017年11月18日閲覧。
  23. ^ 戸塚祥太、ヴァンパイア姿で登場!仕上がりの自信は「2000%」”. マイナビニュース. マイナビ (2018年3月9日). 2018年3月13日閲覧。
  24. ^ ビートルズの創成期描く「BACKBEAT」に戸塚祥太、ジョン・レノン役は加藤和樹”. ステージナタリー. ナターシャ (2019年1月30日). 2019年1月31日閲覧。
  25. ^ a b A.B.C-Z Biography 1999”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2019年1月27日閲覧。
  26. ^ 戸塚祥太「見えないお金は怖くて使えない」 “昼ドラ”でバイク便のイケメンライダー役”. エンタメOVO. 共同通信社 (2015年7月28日). 2017年4月7日閲覧。
  27. ^ A.B.C-Z・戸塚祥太の“フォトジェニック”な女装にファン絶賛 9月放送開始ドラマへの期待も”. T-SITEニュース. TSUTAYA (2017年8月18日). 2018年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月22日閲覧。
  28. ^ “A.B.C-Z戸塚祥太:高良健吾主演ドラマに“友情出演” キービジュアルも公開”. MANTANWEB. (2017年12月21日). https://mantan-web.jp/article/20171220dog00m200049000c.html 2017年12月22日閲覧。 
  29. ^ 戸塚祥太、“バンパイア”桐谷美玲の初恋相手役で銀幕デビュー”. 映画.com (2015年1月8日). 2015年3月28日閲覧。
  30. ^ “役所広司映画に戸田恵梨香、松ケン、A.B.C-Z戸塚らも出演”. SANSPO.COM. (2015年5月21日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150521/geo15052105040003-n1.html 2015年5月21日閲覧。 
  31. ^ 舞台「少年たち」映画化で東西ジャニーズJr.豪華共演!横山裕、戸塚祥太も参戦”. 映画.com (2018年11月16日). 2018年11月22日閲覧。
  32. ^ 『映画 少年たち』ダンス映像満載の予告解禁! 戸塚祥太が初ナレ挑戦”. cinemacafe.net. イード (2018年12月25日). 2019年1月27日閲覧。
  33. ^ 森本慎太郎、“妄想”バラエティーで新境地!?”. ORICON NEWS. オリコン (2013年10月22日). 2018年11月22日閲覧。
  34. ^ 放送内容 2014年9月16日(火)放送終了”. モウソリスト. フジテレビ (2014年9月). 2018年11月22日閲覧。
  35. ^ 戸塚祥太のCM出演情報”. ORICON NEWS. オリコン. 2018年3月13日閲覧。
  36. ^ 「『日清レンジSpa王』CM現場に潜入!」『duet』2009年7月号、ホーム社、2009年6月6日、 55頁。
  37. ^ “歌詞にこだわり…A.B.C-Z「ずっとLOVE」初披露”. Sponichi Annex. (2012年5月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/05/09/kiji/K20120509003212190.html 2017年12月22日閲覧。 
  38. ^ ダ・ヴィンチ』公式twitter2013年9月16日の発言
  39. ^ a b 戸塚祥太(A.B.C-Z)著『ジョーダンバットが鳴っている』の書籍化決定!期間限定で『ダ・ヴィンチ』での連載も再開”. ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA (2017年12月28日). 2017年12月22日閲覧。

外部リンク編集