日本 > 愛知県 > 岡崎市 > 戸崎町 (岡崎市)

戸崎町(とさきちょう)は、愛知県岡崎市町名である。岡崎地区に位置する。丁番を持たない単独町名であり、21の小字が設置されている。

戸崎町
中部電力岡崎営業所
中部電力岡崎営業所
戸崎町の位置(愛知県内)
戸崎町
戸崎町
戸崎町の位置
北緯34度55分59.45秒 東経137度9分59.81秒 / 北緯34.9331806度 東経137.1666139度 / 34.9331806; 137.1666139
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Okazaki, Aichi.svg 岡崎市
地区 岡崎地区
面積
 • 合計 1.045624782km2
人口
2019年令和元年)5月1日現在)[2]
 • 合計 6,183人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
444-0841(字藤挟)[3]
444-0840(その他)[4]
市外局番 0564(岡崎MA[5]
ナンバープレート 岡崎

地理編集

岡崎市の南部に位置する。かつては町内を路面電車である名鉄岡崎市内線が走り、戸崎町駅が設置されていた。岡崎市内線が走っていた愛知県道483号岡崎幸田線は現在電車通りと呼ばれる。

湖沼編集

  • 雨池
  • 中池
  • ガン池
  • 五番池

小字編集

世帯数と人口編集

2019年(令和元年)5月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
戸崎町 2,558世帯 6,183人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移

1995年(平成7年) 5,024人 [6]
2000年(平成12年) 5,612人 [7]
2005年(平成17年) 5,697人 [8]
2010年(平成22年) 5,835人 [9]
2015年(平成27年) 6,061人 [10]

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[11]

字・番地等 小学校 中学校
字上り場西、字上り場東、字一丁田
字郷畔、字才苗、字沢田
字外山、字大道西、字大道東
字辻、字野畔、字ばら山、字屋敷
字屋下、字原山(8~11番地を除く。)
字東山・字榎ケ坪・字池下・字越舞のうち国道248号線以西
字藤狭1番地1・9・32〜33・48・66~68
字藤狭1番地86・117・123〜124・171・187~189
字藤狭8番地3・52・56~59・61・63~66
字藤狭8番地68・70・72・75
岡崎市立羽根小学校 岡崎市立南中学校
字牛転、字原山8~11番地
字東山・字榎ケ坪・字池下・字越舞のうち国道248号線以東
字藤狭(羽根小学校校区を除く。)
岡崎市立小豆坂小学校

歴史編集

とさきむら
戸崎村
廃止日 1889年10月1日
廃止理由 新設合併
羽根村柱村戸崎村若松村針崎村岡崎村
現在の自治体 岡崎市
廃止時点のデータ
  日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
額田郡
隣接自治体 額田郡
戸崎村役場
所在地 愛知県額田郡戸崎村
 表示 ウィキプロジェクト

額田郡戸崎村を前身とする。江戸時代岡崎藩領であった。

沿革編集

史跡編集

  • 外山古墳群(イオン藤さき古墳広場)
    • 外山第1号墳
    • 外山第2号墳
    • 外山第3号墳
  • 小豆坂古戦場跡(市史跡[15]

施設編集

  • 岡崎郵便局
  • 戸崎集会所
  • 岡崎市小豆坂学区市民ホーム
  • 岡崎市小豆坂学区こどもの家
  • 岡崎市小豆坂児童育成センター
  • 戸崎公園
  • 戸崎神明宮
  • 心城寺

教育編集

交通編集

道路編集

バス編集

ギャラリー編集

その他編集

日本郵便編集

  • 集配担当する郵便局は以下の通りである[16]
郵便番号 郵便局
字藤挟 444-0841[3] 岡崎郵便局
その他 444-0840[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県岡崎市の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年5月19日閲覧。
  2. ^ a b 支所・町別人口・世帯集計表(各月1日現在)   (XLS)” (日本語). 岡崎市(統計ポータルサイト) (2019年5月1日). 2019年5月19日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年5月19日閲覧。
  4. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年5月19日閲覧。
  5. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年5月19日閲覧。
  6. ^ 総務省統計局 (2014年3月28日). “平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  7. ^ 総務省統計局 (2014年5月30日). “平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  8. ^ 総務省統計局 (2014年6月27日). “平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ 総務省統計局 (2012年1月20日). “平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  10. ^ 総務省統計局 (2017年1月27日). “平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  11. ^ 岡崎市立小中学校通学区域”. 岡崎市 (2018年6月9日). 2019年5月19日閲覧。
  12. ^ 新編岡崎市史編さん委員会 1993, p. 650.
  13. ^ 新編岡崎市史編さん委員会 1993, p. 651.
  14. ^ 「4 新旧町名対照一覧表」岡崎市
  15. ^ 「岡崎市指定文化財目録」岡崎市
  16. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年5月19日閲覧。

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集