戸川安宣 (編集者)

戸川 安宣(とがわ やすのぶ、1947年11月14日 - )は、日本の編集者東京創元社の元社長、元会長[1]。ミステリ評論家。ミステリ専門書店「TRICK+TRAP」元店主。日本推理作家協会本格ミステリ作家クラブ、SRの会、各会員。本格ミステリ作家クラブでは事務局長をつとめた。また、探偵小説研究会の会員である。

経歴編集

戦時疎開先の長野県で出生し、翌年、東京に移り荒川区南千住で育つ。

生家は備中庭瀬藩戸川氏の分家である帯江戸川家で、江戸時代には3000石の大身旗本だった[2]。同名の庭瀬藩主戸川安宣は、直系ではないが、先祖筋にあたる[2]。曽祖父は、帯江戸川家八代目戸川安愛の弟で、九代目の戸川最兎女(もとめ)栄秀[2]。母方の祖父の島津伝道荒沢寺住職として、羽黒山修験本宗を天台宗から独立させた[2]。やはり修験道の研究者である民俗学者の戸川安章は母方の伯父[2]

立教中学校立教高等学校卒業[3]。中学から高校にかけて、母の実家である荒沢寺で羽黒山修験を経験する。

1970年立教大学文学部史学科卒。専攻は宗教民俗学[4]。大学在学中に立教ミステリ・クラブを創立[1]。同クラブの顧問は、同大教授だった平井隆太郎江戸川乱歩の息子)であった[5]。ミステリ・ファンクラブ「SRの会」[6]にも入り、東京創元社や早川書房に絶えず出入りしていた[1]

卒業後、取締役編集部長の厚木淳に誘われ、東京創元社に入社。編集部に配属され、一貫して編集畑を歩み、編集長、編集部長、社長、会長、特別顧問、相談役を経て、2012年12月に退職して編集部顧問となるが、現役時代と変わらず本を作っている[1]

入社当初は部が5人、実働4人だけで、創元推理文庫を担当したが、総合出版社時代の企画も残り、『バルザック全集』の月報だけを作成し、『現代社会科学叢書』、『ミュージック・ライブラリー』、「創元選書」など全てに関わる。入社の1970年(昭和45年)の春に翻訳家の宇野利泰の担当になり、同年9月11日刊のJ・G・バラード『狂風世界』から始まり、16年間で21点刊行する[7]。同年末か翌年当初に、洋書店の店頭で見つけたE・D・ビガーズ『チャーリー・チャンの追跡』を編集部長の厚木に 申し出て、初の企画を通し、翻訳家の乾信一郎に自分で依頼して1972年2月刊行する[8]

編集長になり、大きな自分の提案を出して当時翻訳ミステリ中心だった東京創元社で、日本探偵小説全集を企画。また1988年より『鮎川哲也と十三の謎』叢書で新人日本作家を集め、北村薫有栖川有栖宮部みゆきをデビューさせ、山口雅也を作家デビューさせた[1]。その13冊目に1990年に「十三番目の椅子」の一般公募を行い、それを発展させ翌年鮎川哲也賞を創設した[1]

講談社文芸図書第三出版部の編集者宇山日出臣とともに、日本の本格ミステリの発展につくしたとされ、2004年に第4回本格ミステリ大賞特別賞を受賞した(宇山と同時受賞)[9]

知人が吉祥寺で経営していた、当時日本で唯一と自称するミステリ専門書店「TRICK+TRAP」を引き継ぎ、2003年4月4日から2007年2月12日まで、店主として運営していた[10]

2016年、戸川の「本に関わる人」生を詳細に語り尽くした、自伝的なインタビュー本『ぼくのミステリ・クロニクル』が国書刊行会から刊行された。

主な著書編集

単著編集

  • ぼくのミステリ・コンパス 朝日新聞連載コラム 1978-1992(龜鳴屋 2021年)

共著編集

編著編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 本の雑誌」P.84-91「生涯一東京創元社-戸川安宣インタビュー」2013年8月号
  2. ^ a b c d e 戸川安宣『ぼくのミステリ・クロニクル』(国書刊行会)P.80-81
  3. ^ 戸川安宣『ぼくのミステリ・クロニクル』(国書刊行会)P.41 P.76
  4. ^ http://www.mystery.or.jp/member/detail/0147
  5. ^ 平井隆太郎『乱歩の軌跡 父の貼雑帖から』戸川安宣「冒頭文」東京創元社、2008年
  6. ^ SRの会ブログ
  7. ^ 戸川安宣の翻訳家交遊録 42017年5月25日閲覧
  8. ^ 戸川安宣の翻訳家交遊録 72017年5月25日閲覧
  9. ^ 本格ミステリ作家クラブ会報 第14号第16号 2013年9月19日閲覧
  10. ^ 「TRICK+TRAP」ホームページ開店情報Internet Archive 2013年8月23日閲覧、閉店挨拶2013年8月23日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集