戸張規子

フランス文学者

戸張 規子(とばり のりこ、1936年6月7日 - 2020年4月3日[1])は、日本のフランス文学者慶應義塾大学理工学部教授を経て、慶應義塾大学名誉教授。専門はジャン・ラシーヌ、フランス古典劇[1]。夫は戸張智雄

経歴 編集

東京都出身。1959年、学習院大学文学部フランス文学科卒業[2]、1961年同大学院人文学研究科フランス文学専攻修士課程修了[2]。1969年仏蘭西政府派遣スタジエール、1973年フランス政府派遣プロヴァンス大学派遣[2]。1969年、共立女子大学文芸学部専任講師[2]、1973年、同大学助教授[2]。1979年、パリ第3大学言語音声学研究所[2]。1982年、慶應義塾大学理工学部助教授[2]、1988年、同大学教授[2]。2002年、定年退職[1]、名誉教授[2]。フランス政府より教育功労章オフィシエ受章[1]

著書 編集

  • ルイ十四世と悲恋の女たち』(1987年、人文書院
  • ブルボン家の落日 ヴェルサイユの憂愁』(1991年、人文書院)
  • 『フランス悲劇女優の誕生 パリ・宮廷の華』1998年、人文書院

翻訳 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c d 森 泉「訃報」『理工学部報』第69巻、慶應義塾大学理工学部、2020年11月、18頁。 
  2. ^ a b c d e f g h i 戸張規子「戸張弘子教授自筆略年譜」『慶応義塾大学日吉紀要 フランス語フランス文学』第35巻、慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会、2002年、1-2頁。 

外部リンク 編集