戸次 鎮秀(べっき しげひで)は、戦国時代武将豊後大友氏家臣。豊後大友戸次氏庶流の片賀瀬戸次氏第4代当主。

 
戸次鎮秀
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
別名 太郎[1]
戒名 太郎入道、宗傑、山城入道[1]
主君 豊後大友氏
氏族 片賀瀬戸次氏
父母 父:戸次親善(紹花)[2]
兄弟 鎮秀鎮保[2]
吉弘鑑理の娘
統貞(左京亮・玄珊)[2]統秀(勘解由)、親良(山田勝兵衛)、女子二人
テンプレートを表示

経歴・人物編集

永禄5年(1562年豊前に進出し、同10年(1567年)戸次氏本家の戸次鎮連に従い高橋秋月氏の反乱を鎮圧する(休松の戦い[1]天正6年(1578年日向国遠征では南郡衆として肥後にて守りを固める[1]。さらに、同13年(1584年)島津勢が阿蘇に攻め込むと、阿蘇惟光甲斐鎮隆の要請を受け、援助する[1]。翌年の天正14年(1585年)鎮連と共に大友家加判衆となった[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 阿部 & 西村 1987, 679頁.
  2. ^ a b c 塙保 1973, 368-369頁.

参考文献編集

  • 阿部猛; 西村圭子 『戦国人名事典』 新人物往来社、1987年。ISBN 4404014120 
  • 塙保己一編 「戸次系図」 『群書系図部集4、第3巻』 八木書店、1973年。ISBN 4797102764