メインメニューを開く
戸沢正令自画像

戸沢 正令(とざわ まさよし、文化10年1月2日1813年2月2日) - 天保14年5月22日1843年6月19日))は、出羽国新庄藩の第10代藩主。幼名は千代鶴。9代藩主・戸沢正胤の次男。母は蜂須賀重喜の娘・伊与姫。正室は島津重豪の娘(養女とも)・貢子。子に戸沢正実(長男)、本多忠貫(次男)、中条信汎(三男)、戸田直一(四男)、戸沢正時(五男)、娘(岩城隆永正室)。官位は従五位下、能登守。側室に高山氏がいる。

天保11年(1840年)3月18日、父の隠居により家督を継ぐ。国学和歌への知識が深い教養人であり、「稜威舎集」や「言葉の囚」、「日本書紀伝」、「倭魂」など多くの著作を残している。藩主としても有能で、窮乏化していた藩財政再建のために、それまでの古い制度を全て打破して新たな法律や人材による先進的な藩政改革を目指したが、その矢先の天保14年(1843年)5月22日、31歳で死去した。跡を長男・正実が継いだ。

法号は仁亮院豪道善雄。墓所は東京都港区三田の常林寺瑞雲院。