メインメニューを開く

戸田 内記(とだ ないき)は、安土桃山時代武将戸田勝成(重政)の子。重典(しげのり)または勝典(かつのり)ともいう[2]

 
戸田内記 / 戸田重典
時代 安土桃山時代
生誕 生年不詳
死没 慶長5年9月15日1600年10月21日
別名 重典、勝典[1]通称:内記
主君 豊臣秀吉
氏族 戸田氏(非三河系)
父母 戸田勝成
村上頼勝の娘
村上忠勝
テンプレートを表示

略歴編集

父・勝成と同じく豊臣秀吉に仕える[2]文禄元年(1592年)、肥前名護屋城に宿直[1]

慶長4年(1599年)、石田三成が藤原惺窩佐和山城に招くための使いとして惺窩のもとに赴き快諾してもらったが、関ヶ原の戦いが勃発し惺窩が佐和山に下ることはなかった。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いにおいては父と共に西軍方に与した。勝成の前田利長(東軍)に対しての手紙の中に、内記と三成とが「衆道の知音」の関係にあったので、(嫡男と深い結びつきのある)三成を見捨てることが出来なかったと書かれたものがある[3]

戸田隊は北国口を守備していたが、東軍が迫ると、他の北国衆に美濃・関ヶ原方面へと陣を移した。関ヶ原本戦においては大谷吉継隊に属し、東軍に寝返った小早川秀秋隊の松尾山からの攻撃を平塚為広隊と共に一時押し止めて奮戦したが、続いて脇坂安治朽木元綱赤座直保小川祐忠ら北国衆四隊の寝返りに遭って壊滅した。

内記は、織田長孝の部隊の攻撃を受けて父と共に討死した[1]というが、『武家事紀』では、本戦の勝敗が決した後、内記は三成の陣にいたので、勝成はその行く末を見届けて親子で一緒に死のうと向かったが、途中で東軍の織田長孝(河内守)の部隊の前を横切った際に戦闘になって勝成は討死し、内記は三成の陣で各々戦死したとされる。また注記に、内記の子は村上周防守(村上頼勝[5])の養子となり、同じ官途の周防守(村上忠勝)を称した、ともある[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 高柳 & 松平 1981, p. 164.
  2. ^ a b 桑田 1971, p. 130.
  3. ^ 桐野作人 『謎解き 関ヶ原合戦 戦国最大の戦い、20の謎』 アスキー・メディアワークス、2012年。ISBN 4048860747 
  4. ^ a b 山鹿 1915, p. 242.
  5. ^ 後に加賀守と号す、とも『武家事紀』に書かれている[4]

参考文献編集