メインメニューを開く

戸田家の兄妹

1941年の映画。小津安二郎監督

戸田家の兄妹』(とだけのきょうだい)は1941年(昭和16年)公開の小津安二郎監督の日本映画

戸田家の兄妹
Brothers and Sisters of the Toda Family
Brothers and Sisters of the Toda Family.jpg
佐分利信(左)、桑野通子(右)
監督 小津安二郎
脚本 池田忠雄
小津安二郎
出演者 佐分利信
高峰三枝子
葛城文子
斎藤達雄
音楽 伊藤宣二
撮影 厚田雄治
編集 浜村義康
配給 松竹
公開 日本の旗 1941年3月1日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

1939年7月小津は日中戦争から帰還したが、同年から検閲の「映画法」が制定された。そのため帰還第一作として撮る予定だった「お茶漬の味」を取りやめ、作ったのがこのオールスターを揃えた大家族ドラマである。

あらすじ編集

戸田家の当主が亡くなり、借財の整理に本宅などを処分することになった。母と三女の節子は、当分の間長男の進一郎の家に身を寄せることになる。次男の昌二郎は、自分のことは心配ないと兄に告げ天津へ旅立つ。母と節子は、進一郎の妻から冷たくされて長女の千鶴の家に移る。しかし、そこでも邪険にされたので二人は別荘に住むことになる。帰国した昌二郎はそれを知って兄弟たちの不人情を厳しく批判する。彼は、母と節子を連れて天津へ行くことにするのだった。

スタッフ編集

  • 監督:小津安二郎
  • 脚本:池田忠雄、小津安二郎
  • 撮影:厚田雄春
  • 美術:浜田辰雄
  • 編集:浜村義康
  • 録音:妹尾芳三郎
  • 音響効果:斎藤六三郎
  • 音楽:伊藤宣二

キャスト編集

作品データ編集

テレビドラマ編集

参考文献編集

  • ムック『小津安二郎を読む』 フィルムアート社〈ブック・シネマテーク〉、1982年

外部リンク編集