メインメニューを開く

戸田 忠久(とだ ただひさ、宝永5年(1708年) - 享保13年8月8日1728年9月11日))は、下野国宇都宮藩の嫡子。初代藩主・戸田忠真の六男。正室は本多忠直の娘。通称は彦六。

父が58歳の時の子で、既に従兄弟の忠余が嫡子となっていたため、忠余の養子となる。享保3年(1718年)、将軍徳川吉宗に初御目見したが、享保13年(1728年)に早世した。代わって、忠余の次男・忠盈が嫡子となった。