戸田 忠位(とだ ただたか)は、下野足利藩の第3代藩主。宇都宮藩戸田家分家3代。

 
戸田忠位
時代 江戸時代中期
生誕 元禄11年(1698年
死没 元文元年9月4日1736年10月8日
改名 文五郎(幼名)、忠位
別名 玄蕃(通称
戒名 行建院殿月永甫全強大居士
墓所 東京都新宿区牛込の松源寺
官位 従五位下、出雲
幕府 江戸幕府
下野国足利藩
氏族 戸田氏
父母 父:戸田忠囿、母:土屋氏
兄弟 忠位輝昌遠藤常之忠知天野昌邦
窪田忠一忠褒忠則、ほか
正室:松平信治の娘、側室:高階氏
忠言忠有(三男)、忠貫(四男)
テンプレートを表示

元禄11年(1698年)、第2代藩主・戸田忠囿の長男として生まれる。享保10年12月18日(1726年)に従五位下・出雲守に叙位・任官する。享保17年(1732年)、父の死去により家督を継いだ。

元文元年(1736年)9月4日に死去した。享年39。跡を長男の忠言が継いだ。