戸田 忠文(とだ ただあや)は、下野足利藩の第7代藩主。宇都宮藩戸田家分家7代。の読みは「ただふみ」とも。

 
戸田忠文
時代 江戸時代後期
生誕 天保10年8月10日1839年9月17日
死没 安政3年8月16日1856年9月14日
改名 武治郎(幼名)、忠文
戒名 要玄院殿従五位下前大倉令一法宗参大居士
墓所 東京都新宿区牛込の松源寺
官位 従五位下、大炊頭
幕府 江戸幕府
下野国足利藩
氏族 戸田氏
父母 父:戸田忠温、母:ミ子
養父:戸田忠禄
兄弟 忠明忠文忠恕
正室:戸田忠禄の娘
養子:忠行
テンプレートを表示

天保10年(1839年)8月10日、宇都宮藩主・戸田忠温の四男として生まれる。弘化4年(1847年)に第6代藩主・戸田忠禄が死去したとき、忠禄の実子である忠行はまだ生まれていなかったため、婿養子となって家督を継いだ。嘉永6年(1853年)に従五位下・大炊頭に叙位・任官する。

しかし、若年で病弱なために藩政を執ることができなかったとされる。安政3年(1856年)8月16日に死去した。享年18。跡を養子とした忠行が継いだ。