メインメニューを開く

戸田 忠綱(とだ ただつな)は、下野高徳藩の第2代藩主。後に下総曾我野藩知事

 
戸田 忠綱
Toda Tadatsuna.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 大正時代
生誕 天保11年12月3日1840年12月26日
死没 大正11年(1922年1月28日
改名 和三郎(幼名)→忠綱
墓所 東京都台東区谷中谷中霊園
官位 従五位下、備後守、従三位
下野高徳藩主→高徳藩知事下総曾我野藩知事
氏族 戸田氏
父母 父:戸田忠至
母:新子(中島六郎の娘)
兄弟 忠綱秋元興朝
正室:愛子(小川新三郎の次女)
忠義鹿園実博、娘(井上正巳正室)

生涯編集

天保11年(1840年)12月3日、下野宇都宮藩の家臣・戸田和三郎(後の高徳藩主戸田忠至)の長男として江戸の宇都宮藩邸で生まれる。慶応3年(1867年)9月9日に山陵奉行見習に任じられる。明治元年(1868年)に即位間もない明治天皇に馬術の指導を行った。明治2年(1869年)5月15日、父の隠居により家督を継いで高徳藩主となり、6月25日に従五位下・備後守に叙位・任官して高徳藩知事に任じられた。

明治3年(1870年)3月19日、藩庁を下総曾我野陣屋に移し、8月12日に曾我野藩知事に任じられる。明治4年(1871年)の廃藩置県で知藩事職を免官された。明治15年(1882年)6月、家督を長男の忠義に譲って隠居する。大正11年(1922年)1月28日に死去、享年83。