メインメニューを開く

来歴・人物編集

1969年に文化放送に入社。主にスポーツ中継の実況で活躍。モスクワロサンゼルスバルセロナ各オリンピックでも実況を担当した。

特に1985年1990年代前半に担当した文化放送ライオンズナイターでの過激なまでの西武ライオンズの応援実況は有名で、解説者でライオンズOBの豊田泰光(テレビでは国鉄→サンケイOBということでフジテレビの野球解説者を長く務めていた)との名コンビで一世を風靡した(彼自身は生来の阪神タイガースファンである。ただし、パ・リーグはライオンズファン)。なお、週末の文化放送ホームランナイター(ヤクルト・大洋~横浜・巨人主催ゲーム中心。主にNRNナイター本番カード)や、ヤクルト・大洋~横浜主催広島戦でのRCCカープナイター[1]中日戦での東海ラジオ ガッツナイター、西武・ロッテ日本ハム主催ダイエー(現ソフトバンク)戦でのKBCホークスナイター[2]向け裏送りでも時折このコンビでの実況となることがあった。

古舘伊知郎は「ワールドプロレスリング」を担当するに当って、「大相撲熱戦十番」における戸谷の実況を参考にしたと「第四学区」(フジテレビ)で語っている。

1990年代後半以降実況の第一線からは退き、文化放送のアナウンス部長、編成局次長を歴任した。

横浜市磯子区の自宅に放送用のラインを引いていたことから、後輩の吉田照美小俣雅子が自らが担当していた番組の中で「四谷(当時)の文化放送局舎から放送できない場合には戸谷さんちから放送できる」と言っていたことがある。実際に自宅の設備を使って文化放送のワイド番組に出演したこともある。

最近の出演番組は毎年1月2日、3日に放送される文化放送東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継のレポーターのみである。2007年4月30日放送のTBSラジオこちら山中デスクです」にゲスト出演。

2008年開幕3試合のみ、西武ドーム場内アナウンスを担当した。(ただし、西武側の攻撃のときのみで、相手側の攻撃の際は従来どおり女性がアナウンスしていた)

その年のライオンズ・クラシック初戦では、J SPORTSにおいて、久しぶりに豊田との名コンビが復活した。(試合前、トークショーも開催していた。)

2011年3月26日に放送された文化放送ライオンズナイター30周年記念番組にゲスト出演した。同年7月11日の文化放送ライオンズナイターにおいて、「文化放送ライオンズナイター クラシック」として、豊田とのコンビで中継を担当した。

エピソード編集

  • 相手選手がファインプレーすると「ナイスプレーこの野郎!」と叫んだ[3]戸谷自身も現在でもこのフレーズは名文句だと思っている[要出典]
  • 近鉄鈴木貴久がホームランボールをキャッチをしたときには「何をするんだ、この罰当たり目が」と叫んだ[3]後日、鈴木の母親がこのシーンを聞いており、鈴木本人に「何を罰当たりなことをしたんだ」という電話がかかってきて、結局戸谷は鈴木に謝罪をする羽目になった[要出典]
  • 10・19」(1988年10月19日川崎球場で催されたロッテ対近鉄ダブルヘッダー)では、戸谷が当時勤務していた文化放送が、同球場のネット裏スタンド最上段の放送席にあった中継専用ブースをラジオ大阪(当時近鉄戦をレギュラーで中継していたNRNシングルネット局)に貸与。西武のパシフィック・リーグ優勝の行方を左右するカードにもかかわらず、上記の事情で第1試合を中継できなかったため、文化放送には試合中に西武ファンのリスナーからの苦情が殺到した[4]。そこで文化放送では、当日本社にいた戸谷に第2試合を実況させることを、第1試合の終了直前に決定。戸谷は、スコアラーと共に中継用のFMカーで急遽川崎球場へ向かうと、第2試合の途中から実況に漕ぎ着けた。当日は偶然にも、山崎裕之(文化放送の野球解説者でロッテのOB)が、第1試合から放送席前方(警察官待機所付近)の席で観戦していた。戸谷は、待機所にいた警察官からパイプ椅子を3脚借りると、山崎やスコアラーと揃って椅子の上に立ちながら、接話マイクを使って第2試合の模様を伝えた[5]
  • かつて西武球場ではライオンズの選手が本塁打を打つと花火を打ち上げる演出を行っていたが、その担当者が戸谷の実況を聴いていたために間違えてファウル(もしくは外野フライ)にもかかわらず花火を打ち上げてしまったことがあるといわれている[要出典]

過去の担当番組編集

脚注編集

  1. ^ 通常RCCは土・日曜は2009年までTBSラジオ・JRNからのネットまたは裏送りを基本としていたが、横浜(2001年まで)・ヤクルト主催ゲームはNRN独占のためデーゲームはニッポン放送から、ナイターは文化放送からのネットまたは裏送りを受けていた。
  2. ^ この場合、西武主催であってもKBCに配慮して中立的なトーンの実況を行っていた。
  3. ^ a b レオびいき貫き30周年 文化放送「ライオンズナイター」 - 東京新聞2011年6月2日付
  4. ^ 在京のラジオ局では、TBSのみ第1試合から中継。この試合に近鉄が勝利したため、第2試合ではTBSに加えて、NHKラジオ第一ニッポン放送ラジオ日本でも中継を実施した。
  5. ^ 山室寛之『1988年のパ・リーグ』(新潮社2019年7月15日初版刊行)第6章「そして迎えた、伝説のダブルヘッダー」pp.204 - 205