扇久保博正

日本の総合格闘家

扇久保 博正(おうぎくぼ ひろまさ、1987年4月1日 - )は、日本男性プロ総合格闘家YouTuber岩手県久慈市出身。THE BLACKBELT JAPAN所属。第6代修斗世界フライ級王者[4]。第8代修斗世界バンタム級王者[5]。修斗世界2階級制覇王者。TUF 24準優勝。RIZIN バンタム級 JAPAN GRAND-PRIX 2021優勝。

扇久保 博正
基本情報
本名 扇久保 博正
通称 おぎちゃん
打・投・極・根性
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-04-01) 1987年4月1日(37歳)[1]
出身地 岩手県久慈市[1]
所属 パラエストラ松戸
→THE BLACKBELT JAPAN
身長 162cm[2]
体重 57.0kg
リーチ 163cm[3]
階級 フライ級
バンタム級
バックボーン 極真空手
テーマ曲 落陽
吉田拓郎
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年3月9日
ジャンル ブログ
登録者数 3.81万人
総再生回数 11,844,362回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年1月8日時点。
テンプレートを表示

極真空手をベースに持つ、異色のグラップラー。リングインする際には十字礼を行なっている[6]。KOや一本を狙うというよりは、試合を制して判定勝利を狙うスタイル。

来歴 編集

2005年9月18日、第12回全日本アマチュア修斗選手権フェザー級(-60kg)に出場。決勝で浅野篤司に判定勝ちし優勝を果たした[7]

修斗 編集

2006年10月1日、マイク・ハヤカワ戦でプロ修斗デビュー。判定勝ちを収めた。

2007年、修斗フェザー級新人王トーナメントに参加。太田悟、田村和也を破り決勝に進出を果たすと、12月8日の金山康宏との決勝でも一本勝ちを収め、フェザー級新人王を獲得した。

2009年3月20日、修斗伝承 06で徹肌ィ郎に判定勝ち。

2009年10月18日、新設された修斗環太平洋フェザー級(-60kg)王座決定戦で岡嵜康悦と対戦し、KO負けを喫し王座獲得に失敗した[8]

2011年4月3日、修斗環太平洋フェザー級王座決定戦で松本輝之と対戦し、2-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[9]

2012年1月8日、修斗環太平洋フェザー級タイトルマッチで徹肌ィ郎と再戦し、3-0の判定勝ちを収め初防衛に成功した[10]

2012年5月18日、修斗世界フェザー級タイトルマッチで王者の岡嵜康悦に挑戦し、スリーパーホールドで一本勝ちを収め王座獲得に成功した(規定により環太平洋王座は返上)[11]

2013年3月16日、修斗世界フェザー級タイトルマッチで挑戦者の堀口恭司と対戦し、2Rにスリーパーホールドを極められ一本負けを喫し王座陥落した[12]

2014年は、VTJで行われたフライ級トーナメントに参加し、春日井健士との一回戦[13]、カナ・ハヤットとの準決勝戦[14]、シーザー・スクラヴォスとの決勝戦を制し優勝を果たした[15]

2016年4月23日、修斗世界フライ級(-56.7kg)タイトルマッチで王者の菅原雅顕に挑戦し、フロントスリーパーホールドで見込み一本勝ちを収め王座獲得に成功した。マモル以来となる修斗史上2人目の2階級制覇を達成した[16]

The Ultimate Fighter 編集

2016年、リアリティ番組The Ultimate Fighter」のシーズン24に参加[17]ジョセフ・ベナビデス率いるチーム・ベナビデスに所属。フライ級トーナメント一回戦でエンカジムーロ・ズールーと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ち[18]。準々決勝でアダム・アントリンと対戦し、判定勝ち[19]。準決勝で、のちにUFCフライ級王者となるアレッシャンドリ・パントージャと対戦し、判定勝ち[20]。決勝戦でティム・エリオットと対戦し、判定負けを喫し準優勝となった[21]

2017年10月15日、修斗世界フライ級タイトルマッチで挑戦者のオニボウズと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収め初防衛に成功した[22]

RIZIN 編集

2018年7月29日、RIZINデビュー戦となったRIZIN.11堀口恭司と約5年ぶりに再戦。組みからの離れ際にフラッシュダウンを奪う場面もあったがトータルで劣勢となり、0-3の判定負けを喫した[23][試合映像 1][補足映像 1]

2019年5月6日、修斗世界フライ級タイトルマッチで挑戦者の清水清隆と対戦し、判定3-0のテクニカル判定で勝利(※当初の裁定では『扇久保のパウンドによる4R KO勝利』だったが、扇久保がパウンドでKOする前に偶発的な頭部接触の影響があったとして、後日裁定が変更された)。2度目の防衛に成功し、勝利後のマイクで「僕はRIZINでやり残したことがある。できるなら元谷友貴選手とやらせてください」と話した。

2019年7月28日、RIZIN.17で元DEEP2階級制覇王者の元谷友貴と対戦し、2-1の判定勝ち。[試合映像 2][補足映像 2]

2019年12月31日、RIZIN.20のバンタム級王座挑戦者決定戦で、PANCRASEバンタム級王者の石渡伸太郎と対戦。互いに一歩も引かない熱戦を繰り広げ、2-1の判定勝ちを収めると共にバンタム級王座の挑戦権を獲得した[24][試合映像 3][補足映像 3]

2020年8月10日、RIZIN.23のRIZINバンタム級王座決定戦で朝倉海と対戦。1Rに朝倉の跳びヒザを受けダウンし、パウンド、顔へのヒザ蹴り、サッカーボールキックと追撃されTKO負けを喫し、王座獲得に失敗した[25][試合映像 4][補足映像 4]

2020年11月21日、RIZIN.25瀧澤謙太と対戦。3Rに左ハイキックでダウンを奪った後、バックポジションをキープするなど試合を有利に進め、3-0の判定勝ちを収めた[26][試合映像 5][補足映像 5]

2021年1月31日、修斗にてリングに上がり、修斗世界フライ級のベルトを返上した。リング上では「修斗のチャンピオンはその階級で一番だと俺は思っています。それが証明できなかったのでこのベルトを返上します。それを証明して必ず修斗には戻ってきますので期待して待っていてください」と報告し、リングを降りた[27]

2021年6月13日、RIZIN.28のバンタム級JAPANグランプリ1回戦でHEATバンタム級王者の春日井“寒天”たけしと約7年ぶりに再戦し、3-0の判定勝ちを収めた[28][試合映像 6][補足映像 6]

2021年9月19日、RIZIN.30のバンタム級JAPANグランプリ2回戦で大塚隆史と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[29][試合映像 7][補足映像 7]

2021年12月31日、RIZIN.33のバンタム級JAPANグランプリ準決勝で優勝候補と言われていた井上直樹と対戦し、3-0の判定勝ち。[試合映像 8][補足映像 8]

同日、グランプリ決勝戦で同じく優勝候補と言われていた朝倉海と再戦し、3-0の判定勝ち。リベンジに成功するとともにグランプリ優勝を果たした[30][試合映像 9][補足映像 8]

2022年9月25日、RIZIN.38で元ROAD FC 2階級王者のキム・スーチョルと対戦。テイクダウンを重ねられ、キムのパンチを浴びて2カ所顔面骨折するなど劣勢となり、0-3の判定負けを喫した[31]。この試合後、1つ下のフライ級に階級を再度変更した。[試合映像 10][補足映像 9]

2022年12月31日、RIZIN.40のRIZIN×BELLATOR全面対抗戦・中堅戦で堀口恭司と3度目となる対戦をフライ級契約で行うも、1R序盤からカーフキックを効かされるなど、打撃の展開で劣勢となり、0-3の判定負けを喫した[32][試合映像 11][補足映像 10]

2023年7月30日、超RIZIN.2で行われた第5代RIZINバンタム級王座決定戦でフアン・アーチュレッタと対戦し、0-3の判定負け。王座獲得に失敗した。この試合はアーチュレッタと王座戦を行う予定だった朝倉海が試合間近に左膝内側側副靱帯損傷で欠場したため、急遽、扇久保が代役として1階級上のバンタム級で行った試合だった。[試合映像 12][補足映像 11]

2023年12月31日、RIZIN.45で元UFCフライ級1位のジョン・ドッドソンと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。[試合映像 13]

戦績 編集

プロ総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
36 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
26 1 6 19 0 2 0
8 2 2 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ジョン・ドッドソン 5分3R終了 判定3-0 RIZIN.45 2023年12月31日
× フアン・アーチュレッタ 5分3R終了 判定0-3 超RIZIN.2
【RIZINバンタム級王座決定戦】
2023年7月30日
× 堀口恭司 5分3R終了 判定0-3 RIZIN.40
【RIZIN×BELLATOR全面対抗戦 中堅戦】
2022年12月31日
× キム・スーチョル 5分3R終了 判定0-3 RIZIN.38 2022年9月25日
朝倉海 5分3R終了 判定3-0 RIZIN.33
【RIZINバンタム級JAPANグランプリ 決勝】
2021年12月31日
井上直樹 5分3R終了 判定3-0 RIZIN.33
【RIZINバンタム級JAPANグランプリ 準決勝】
2021年12月31日
大塚隆史 5分3R終了 判定3-0 RIZIN.30
【RIZINバンタム級JAPANグランプリ 2回戦】
2021年9月19日
春日井“寒天”たけし 5分3R終了 判定3-0 RIZIN.28
【RIZINバンタム級JAPANグランプリ 1回戦】
2021年6月13日
瀧澤謙太 5分3R終了 判定3-0 RIZIN.25 2020年11月21日
× 朝倉海 1R 4:31 TKO(サッカーボールキック RIZIN.23 - CALLING OVER -
【RIZINバンタム級王座決定戦】
2020年8月10日
石渡伸太郎 5分3R終了 判定2-1 RIZIN.20
【RIZINバンタム級王座挑戦者決定戦[33]
2019年12月31日
元谷友貴 5分3R終了 判定2-1 RIZIN.17 2019年7月28日
清水清隆 4R 0:40 テクニカル判定3-0 修斗
【修斗世界フライ級チャンピオンシップ】
2019年5月6日
× 堀口恭司 2R(10分/5分)終了 判定0-3 RIZIN.11 2018年7月29日
オニボウズ 1R 4:26 スリーパーホールド 修斗
【修斗世界フライ級チャンピオンシップ】
2017年10月15日
ダニー・マルティネス 5分3R終了 判定3-0 修斗 2017年4月23日
菅原雅顕 5R 4:48 フロントスリーパーホールド 修斗 FIGHT & MOSH
【修斗世界バンタム級チャンピオンシップ】
2016年4月23日
猿田洋祐 5分3R終了 判定3-0 修斗 2015年11月29日
シーザー・スクラヴォス 5分5R終了 判定3-0 VTJ 6th
【フライ級トーナメント 決勝】
2014年10月4日
カナ・ハヤット 1R 1:20 リアネイキドチョーク VTJ 5th in OSAKA
【フライ級トーナメント 準決勝】
2014年6月28日
春日井健士 5分3R終了 判定2-0 VTJ 4th
【フライ級トーナメント 1回戦】
2014年2月23日
× 堀口恭司 2R 1:35 スリーパーホールド 修斗 2013年第2戦
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2013年3月16日
岡嵜康悦 3R 3:32 スリーパーホールド 修斗
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2012年5月18日
徹肌ィ郎 5分3R終了 判定3-0 修斗 ISAMI presents サバイバートーナメント決勝戦
【修斗環太平洋フェザー級チャンピオンシップ】
2012年1月8日
松本輝之 5分3R終了 判定2-0 修斗 BORDER -season 3- 「春雷」
【修斗環太平洋フェザー級チャンピオン決定戦】
2011年4月3日
田澤聡 5分3R終了 判定3-0 修斗 The Way of SHOOTO 05 〜Like a Tiger, Like a Dragon〜 2010年9月23日
× エドゥアルド・ダンタス 3R 1:21 スリーパーホールド 修斗 The Way of SHOOTO 03 〜Like a Tiger, Like a Dragon〜 2010年5月30日
× 岡嵜康悦 2R 2:08 KO(右フック→パウンド) 修斗 SHOOTO GIG TOKYO 3
【修斗環太平洋フェザー級チャンピオン決定戦】
2009年10月18日
徹肌ィ郎 5分3R終了 判定3-0 "修斗伝承 06" ROAD TO 20th ANNIVERSARY 2009年3月20日
田澤聡 5分3R終了 判定0-1 "修斗伝承 04" ROAD TO 20th ANNIVERSARY 2008年11月29日
田中ヒロユキ 1R 1:35 TKO(パウンド) "修斗伝承 02" ROAD TO 20th ANNIVERSARY 2008年7月18日
金山康宏 2R 3:35 スリーパーホールド 修斗
【新人王決定トーナメント フェザー級 決勝】
2007年12月8日
田村和也 1R 3:43 スリーパーホールド 修斗 BACK TO OUR ROOTS 05
【新人王決定トーナメント フェザー級 準決勝】
2007年9月22日
太田悟 5分2R終了 判定3-0 修斗
【新人王決定トーナメント フェザー級 2回戦】
2007年6月30日
矢作尚紀 5分2R終了 判定1-0 修斗 下北沢修斗劇場 第17弾 〜男はつよいよ〜 2007年3月4日
マイク・ハヤカワ 5分2R終了 判定3-0 修斗 下北沢修斗劇場 第16弾 〜燃えろいい男〜 2006年10月1日

総合格闘技エキシビション 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
- 石渡伸太郎 5分2R 石渡伸太郎引退興行 漢塾~継承~ 2022年1月23日
× ティム・エリオット 5分3R終了 判定0-3 The Ultimate Fighter: Tournament of Champions 2016年8月10日
アレッシャンドリ・パントージャ 5分2R終了 判定3-0 The Ultimate Fighter: Tournament of Champions 2016年8月3日
アダム・アントリン 5分2R終了 判定3-0 The Ultimate Fighter: Tournament of Champions 2016年7月26日
エンカジムーロ・ズールー 2R 3:44 リアネキドチョーク The Ultimate Fighter: Tournament of Champions 2016年7月15日

アマチュア総合格闘技 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
浅野篤司 3分2R終了 ポイント44-39 第12回全日本アマチュア修斗選手権
【フェザー級 決勝】
2005年9月18日
田村和也 4分1R終了 ポイント23-22 第12回全日本アマチュア修斗選手権
【フェザー級 準決勝】
2005年9月18日
神戸崇行 4分1R終了 ポイント23-20 第12回全日本アマチュア修斗選手権
【フェザー級 2回戦】
2005年9月18日
森章俊 4分1R終了 ポイント32-19 第12回全日本アマチュア修斗選手権
【フェザー級 1回戦】
2005年9月18日
高瀬雄一郎 3分2R終了 ポイント55-40 第4回東北アマチュア修斗オープントーナメント
【フェザー級 決勝】
2005年7月24日
松本義彦 4分1R終了 ポイント21-20 第4回東北アマチュア修斗オープントーナメント
【フェザー級 準決勝】
2005年7月24日
菊池錠路 4分1R終了 ポイント20-13 第4回東北アマチュア修斗オープントーナメント
【フェザー級 1回戦】
2005年7月24日
× 大越崇弘 4分1R終了 判定0-3 第5回東日本アマチュア修斗フレッシュマントーナメント
【フェザー級 準決勝】
2005年4月29日
安永有希 4分1R終了 判定 第5回東日本アマチュア修斗フレッシュマントーナメント
【フェザー級 3回戦】
2005年4月29日
関正人 4分1R終了 ポイント23-20 第5回東日本アマチュア修斗フレッシュマントーナメント
【フェザー級 2回戦】
2005年4月29日
大田洋輔 4分1R終了 ポイント23-19 第5回東日本アマチュア修斗フレッシュマントーナメント
【フェザー級 1回戦】
2005年4月29日

シュートボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
菅原悠次 3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2015~SB30th Anniversary~ act.4 2015年9月19日

獲得タイトル 編集

  • 第4回東北アマチュア修斗オープントーナメントフェザー級 優勝(2005年)
  • 第12回全日本アマチュア修斗選手権フェザー級 優勝(2005年)[7]
  • 修斗フェザー級新人王(2007年)
  • 第2代修斗環太平洋フェザー級王座(2011年)
  • 第8代修斗世界フェザー級王座(2012年)
  • VTJフライ級トーナメント 優勝(2014年)
  • 第6代修斗世界フライ級王座(2016年)
  • RIZIN FIGHTING JAPAN GRAND-PRIX 2021 優勝(2021年)

表彰 編集

脚注 編集

  1. ^ a b 扇久保博正 | Hiromasa Ogikubo”. PRO SHOOTO MMA JAPAN. 日本修斗協会. 2021年12月15日閲覧。
  2. ^ 扇久保博正 おぎちゃんねる。Ogichannel (11 February 2021). 細かく扇久保博正のサイズを測ってみたよーーーーん!. YouTube,Google LLC. 該当時間: 08:58. 2021年2月24日閲覧
  3. ^ The Battle Cats presents 超RIZIN / 湘南美容クリニック presents RIZIN.38 計量結果”. RIZIN FIGHTING FEDERATION オフィシャルサイト. 2023年5月5日閲覧。
  4. ^ 2020年03月度 世界ランキング PROFESSIONAL SHOOTO 公式サイト
  5. ^ 当時はフェザー級(-60kg)王座
  6. ^ 【修斗】もはや敵なし!BJが本能の動きで一本勝ちV3、上田も2度目の防衛に成功 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年3月20日
  7. ^ a b 第12回全日本アマチュア修斗選手権大会 修斗公式サイト
  8. ^ 【修斗】逆転KO勝利で岡嵜が初代環太平洋王者に! ガイが風田に判定勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年10月18日
  9. ^ 【修斗】児山佳宏に続き、パラエストラ松戸に環太平洋王者!扇久保が松本輝之を下す 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年4月3日
  10. ^ 【修斗】ガイvs美木はドロー!扇久保が初防衛、上田が堀口に判定勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2012年1月8日
  11. ^ 【修斗】弘中がブラジリアンファイターをKOで初防衛!扇久保が岡嵜を倒し新王者に 格闘技ウェブマガジンGBR 2012年5月18日
  12. ^ 【修斗】堀口恭司、ついに世界王座に就く!目指すはUFC eFight 2013年3月16日
  13. ^ 【VTJ】高谷が復活のKO勝利、宇野が3連勝でUFC挑戦を再アピール eFight 2014年2月23日
  14. ^ 【VTJ】初開催の大阪大会のメインで石原夜叉坊が2RKO勝ち eFight 2014年6月28日
  15. ^ 【VTJ】優勝した扇久保がDEEP元谷に宣戦布告 eFight 2014年10月4日
  16. ^ 【修斗】扇久保博正が菅原を圧倒、修斗史上2人目の2階級制覇を達成 eFight 2016年4月23日
  17. ^ 【UFC】育成番組TUFに修斗世界バンタム級王者・扇久保博正の参加決定 eFight 2016年7月22日
  18. ^ 【UFC】契約争奪トーナメント、扇久保博正が一本勝ちで初戦突破 eFight 2016年9月7日
  19. ^ 【UFC】契約争奪トーナメント、修斗王者・扇久保が準決勝進出 eFight 2016年11月10日
  20. ^ 【UFC】修斗王者・扇久保が決勝へ、本契約&王者挑戦権まであと1勝 eFight 2016年11月23日
  21. ^ 【UFC】契約争奪トーナメント、修斗王者・扇久保は決勝で敗退 eFight 2016年11月30日
  22. ^ 【修斗】王者・扇久保博正が圧勝で初防衛に成功、UFC出場をアピール eFight 2017年10月15日
  23. ^ “【RIZIN】堀口恭司が大熱戦を制し、亡き師に勝利を捧げる”. イーファイト. https://efight.jp/result_s-20180729_300038 2018年7月29日閲覧。 
  24. ^ 【RIZIN】扇久保博正が石渡伸太郎とのド突き合い対決制し、王座挑戦権を獲得 eFight 2019年12月31日
  25. ^ 【RIZIN】朝倉海、扇久保博正を初回TKO勝利=今年初のRIZIN王者に」 eFight 2020年8月10日
  26. ^ 【RIZIN】斎藤裕が朝倉未来に判定勝ちでフェザー級王者に。扇久保が瀧澤に完勝。住村、竿本が競り勝ち。萩原が鮮烈KO勝利 ゴング格闘技 2020年11月21日
  27. ^ 扇久保博正がある”挑戦”を理由に修斗のベルトを返上、その裏にはRIZINバンタム級GPの開催か eFight 2021年2月1日
  28. ^ 【RIZIN】朝倉未来が失神一本負け! クレベルが三角絞め極める。那須川vs.3人、ライト級王座戦サトシがムサエフを極めて王者に! バンタム級GP朝倉海、井上直樹らが勝利 ゴング格闘技 2021年6月13日
  29. ^ 【RIZIN】GP2回戦・朝倉海、井上直樹が激闘の判定勝ち、扇久保が大塚との神経戦を制す、瀧澤が元谷を1R KO! 矢地、堀江、太田が勝利、浜崎が藤野との死闘制す、昇侍がKO勝ち! ぱんちゃんが判定勝ち ゴング格闘技 2021年9月19日
  30. ^ Rizin FF 33: Hiromasa Ogikubo avenges loss to Kai Asakura, wins 2021 bantamweight grand prix MMA Junkie 2021年12月31日
  31. ^ 【RIZIN】堀口が金太郎を極める! 伊澤がアナスタシアに一本勝ち、シウが浜崎を下し決勝進出、GP覇者・扇久保がスーチョルに敗れる、鈴木が萩原に一本勝ち、グスタボが大原を1R TKO=『RIZIN.38』詳報 GONG格闘技 2022年9月25日
  32. ^ 【RIZIN】サトシもAJに判定負け、クレベル連勝が「7」でストップ、パトリシオ、堀口、アーチュレッタ、ラバダノフが判定勝ちでBellatorが5連勝! 女子GP決勝・伊澤がパク・シウとの接戦制しGP優勝、井上が瀧澤に完勝、平本は梅野からダウン奪うドロー ゴング格闘技 2022年12月31日
  33. ^ BELLATOR JAPAN / RIZIN.20 追加対戦カード発表記者会見 (12月4日) | PRESS CONFERENCE RIZIN FIGHTING FEDERATION 2019年12月4日
  34. ^ 【RIZIN】ベストバウト賞は扇久保博正vs井上直樹、ベストKO賞は朝倉海、優勝者・扇久保は賞金総額1100万円を獲得=バンタム級GP GONG格闘技

試合映像 編集

  1. ^ 【試合映像】堀口恭司 vs. 扇久保博正 / Kyoji Horiguchi vs. Hiromasa Ougikubo - RIZIN.11』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2018年https://www.youtube.com/watch?v=v-bX-Yr-cBk 
  2. ^ 【試合映像】元谷友貴 vs. 扇久保博正 / Yuki Motoya vs. Hiromasa Ougikubo - RIZIN.17』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2019年https://www.youtube.com/watch?v=lXM3vcQu7IY 
  3. ^ 【試合映像】石渡伸太郎 vs. 扇久保博正 / Shintaro Ishiwatari vs. Hiromasa Ougikubo - RIZIN.20』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2019年https://www.youtube.com/watch?v=ErX85-BoM3M 
  4. ^ 【試合映像】朝倉海 vs. 扇久保博正 / Kai Asakura vs. Hiromasa Ougikubo - RIZIN.23』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2020年https://www.youtube.com/watch?v=5l9YbbQ2vZ8 
  5. ^ 【試合映像】扇久保博正 vs. 瀧澤謙太 / Hiromasa Ougikubo vs. Kenta Takizawa - RIZIN.25』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2020年https://www.youtube.com/watch?v=kWSwpV8zp4k 
  6. ^ 【試合映像】扇久保博正 vs. 春日井“寒天”たけし / Hiromasa Ougikubo vs. Takeshi“Kanten”Kasugai - RIZIN.28』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=deKP5636B4w 
  7. ^ 【試合映像】扇久保博正 vs. 大塚隆史 / Hiromasa Ougikubo vs. Takafumi Otsuka - RIZIN.30』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=2y5qka9hSX4 
  8. ^ 【試合映像】扇久保博正 vs. 井上直樹 / Hiromasa Ougikubo vs. Naoki Inoue - RIZIN.33』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=aeLExc6sQaw 
  9. ^ 【試合映像】朝倉海 vs. 扇久保博正 2 / Kai Asakura vs. Hiromasa Ougikubo 2 - RIZIN.33』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=JOahU1hSTyY 
  10. ^ 【試合映像】扇久保博正 vs. キム・スーチョル / Hiromasa Ougikubo vs. Soo Chul Kim - RIZIN.38』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=0T6sza_pDaE 
  11. ^ 【試合映像】扇久保博正 vs. 堀口恭司 3 / Hiromasa Ougikubo vs. Kyoji Horiguchi 3 - RIZIN.40』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=Mj2O2iLxR-g 
  12. ^ 【期間限定 ※2023年12月31日まで視聴可能。以降は、RIZIN公式サブスク『RIZIN 100 CLUB』のサイトで視聴可】【試合映像】フアン・アーチュレッタ vs. 扇久保博正 / Juan Archuleta vs. Hiromasa Ougikubo - 超RIZIN.2』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/@RIZIN_FF 
  13. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #141(※番組内で試合映像。扇久保博正とジョン・ドッドソンによる試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=BB_L9XJTUC8 

補足映像 編集

  1. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #20(※番組内で試合映像。堀口恭司と扇久保博正による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2018年https://www.youtube.com/watch?v=erqVSFM9Bl8 
  2. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #47(※番組内で試合映像。扇久保博正と元谷友貴による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2019年https://www.youtube.com/watch?v=ax47QiFb6o0 
  3. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #55(※番組内で試合映像。石渡伸太郎と扇久保博正による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2019年https://www.youtube.com/watch?v=VyrQLW3f7wg 
  4. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #58(※番組内で試合映像。朝倉海と扇久保博正による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2020年https://www.youtube.com/watch?v=djtn0gpCNJM 
  5. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #59(※番組内で試合映像。扇久保博正と瀧澤謙太による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2020年https://www.youtube.com/watch?v=ob8dE0kBrg4 
  6. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #73(※番組内で試合映像。扇久保博正と春日井“寒天”たけしによる試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=0beo1K6Nirs 
  7. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #80(※番組内で試合映像。扇久保博正と大塚隆史による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=YbPG5jy7hvQ 
  8. ^ a b 【番組】RIZIN CONFESSIONS #88(※番組内で試合映像。井上直樹と扇久保博正と朝倉海による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2021年https://www.youtube.com/watch?v=M0OnafKsefM 
  9. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #106(※番組内で試合映像。扇久保博正戦とキム・スーチョルによる試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=1MLCPaKppI8 
  10. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #114(※番組内で試合映像。堀口恭司と扇久保博正による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2022年https://www.youtube.com/watch?v=2EJWoyjbEBQ 
  11. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #130(※番組内で試合映像。扇久保博正とフアン・アーチュレッタによる試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=VHV4kiawZfk 

関連項目 編集

外部リンク 編集

空位
前タイトル保持者
岡嵜康悦
第2代修斗環太平洋バンタム級王者

2011年4月3日 - 2012年5月18日(返上)

空位
次タイトル獲得者
佐々木憂流迦
前王者
岡嵜康悦
第8代修斗世界バンタム級王者

2012年5月18日 - 2013年3月16日

次王者
堀口恭司
前王者
菅原雅顕
第6代修斗世界フライ級王者

2016年4月23日 - 2021年1月31日(返上)

空位
次タイトル獲得者
福田龍彌