扉の陰の秘密』(とびらのかげのひみつ、Secret Beyond the Door)は1947年アメリカ合衆国サスペンス映画。監督はフリッツ・ラング、出演はジョーン・ベネットマイケル・レッドグレイヴなど。ハリウッドの名プロデューサーであるウォルター・ウェンジャーが当時の妻ジョーン・ベネットと共同で作ったダイアナ(ベネットと前夫との間の長女の名前)・プロ製作によるスリラーで、英国の名優マイケル・レッドグレイヴのハリウッド進出第1作である[1]。また、ダイアナ・プロ製作の作品としては2本目で且つ最後の作品であり、『レベッカ』(1940年)や『ガス燈』(1944年)など、当時の映画界で流行していたゴシック調スリラーの系譜に連なる作品である[2]

扉の陰の秘密
Secret Beyond the Door
監督 フリッツ・ラング
脚本 シルヴィア・リチャーズ英語版
原案 ルーファス・キング
製作 フリッツ・ラング
製作総指揮 ウォルター・ウェンジャー(クレジットなし)
出演者 ジョーン・ベネット
マイケル・レッドグレイヴ
音楽 ミクロス・ローザ
撮影 スタンリー・コルテス英語版
編集 アーサー・ヒルトン
製作会社 ダイアナ・プロ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 セントラル映画社
公開 アメリカ合衆国の旗 1947年12月25日
日本の旗 1949年9月6日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

日本初公開時の邦題は『扉の蔭の秘密』であり、また『扉の影の秘密』のタイトルでビデオが発売されたことがある[1]

ストーリー編集

旅先で出会った男性と結婚した富豪の娘が、夫の秘密を知ったことから体験する恐怖を描く[2]

キャスト編集

出典編集

  1. ^ a b 扉の陰の秘密”. allcinema. 2014年3月25日閲覧。
  2. ^ a b 扉の陰の秘密”. WOWOW. 2014年3月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集