メインメニューを開く

手広

日本 > 神奈川県 > 鎌倉市 > 手広

手広(てびろ)は、神奈川県鎌倉市大字、現行行政地名は手広一丁目から手広六丁目と大字手広。住居表示は一丁目から六丁目は実施済み区域、大字手広は未実施区域[5]郵便番号は248-0036[3]

手広
—  町丁大字  —
神奈川県立深沢高等学校
手広の位置(神奈川県内)
手広
手広
手広の位置
座標: 北緯35度19分48.12秒 東経139度30分33.65秒 / 北緯35.3300333度 東経139.5093472度 / 35.3300333; 139.5093472
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kamakura, Kanagawa.svg 鎌倉市
面積[1]
 - 計 1.29km2 (0.5mi2)
人口 (2018年(平成30年)1月1日現在)[2]
 - 計 4,751人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 248-0036[3]
市外局番 0467 (藤沢MA)[4]
ナンバープレート 横浜

鎌倉郡手広村、明治22年(1885年)に深沢村と合併し、深沢村の大字になる。その後、昭和23年(1948年)に深沢村が鎌倉市と合併したため以降は鎌倉市の大字となっている。

目次

地理編集

手広は南部が丘陵、北部が平地となっている。昭和30年代ごろまでは北部は農地や林が多かったが、昭和60年代初頭には農地のほとんどが宅地化された。北部を同市笛田、東部を鎌倉山、南部を津村・西鎌倉と接し、西部を藤沢市川名と接する。付近を柏尾川と柏尾川支流の手広川が流れるが、治水対策が不十分だった近世期にはたびたび洪水や旱魃の被害を受けた。地名の由来については未詳だが、『鎌倉の地名由来辞典』では地形に由来するものではないかと論じている。

地価編集

住宅地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば、手広4-36-20の地点で15万8000円/m2となっている[6]

歴史編集

 
谷戸坂の切り通し(津村方面より撮影)

小字八反目付近に縄文時代から平安時代にかけての住居跡(手広八反目遺跡、現神奈川県立深沢高等学校敷地内)が残るなど、古くから集落が存在した。もともとは津村郷に含まれていたが、中世期に津村から分村し独立したようである。

「手広」という地名が文献上に初めて現れるのは天正19年(1591年)の「徳川家康寺領寄進状案」で、内容は「手広村のうち25青蓮寺に与える」というものであった。

手広村は慶長18年(1613年)、前述の青蓮寺領を除く310石余が大岡忠吉に与えられ、以降は川越藩彦根藩領となった幕末の一時期を除き版籍奉還まで大岡氏の所領下におかれた。なお手広村は近世期の地方文書が数多く残されており、これらの文書から近世期の手広村がどのような村落経営を行っていたかが研究されている。なおこれらの地方文書は『鎌倉近世史料 手広編』にまとめられている。

隣接する笛田村とは農業用水の確保をめぐり江戸時代からたびたび訴訟を繰り返した。これらのうち明治7年(1874年)に始まった訴訟は特に大規模なものとなり、4度にわたる大審院判決を経て、明治27年(1894年)に「手広村と笛田村が共同でため池(夫婦池)をつくり共同管理する」という結論が出てようやく決着した。この訴訟の決着を記念した石碑が青蓮寺に残る。

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

大字丁目 世帯数 人口
手広 39世帯 86人
手広一丁目 289世帯 678人
手広二丁目 454世帯 1,154人
手広三丁目 312世帯 785人
手広四丁目 569世帯 1,447人
手広五丁目 185世帯 382人
手広六丁目 104世帯 219人
1,952世帯 4,751人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7][8]

大字・丁目 番地 小学校 中学校
手広 全域 鎌倉市立西鎌倉小学校 鎌倉市立手広中学校
手広一丁目 全域
手広二丁目 全域
手広三丁目 全域
手広四丁目 全域
手広五丁目 全域
手広六丁目 全域

交通編集

施設編集

脚注編集

  1. ^ 平成28年(2016年)版鎌倉の統計”. 鎌倉市. 2018年2月22日閲覧。
  2. ^ a b 鎌倉の人口と世帯数(地域・町丁・字別)”. 鎌倉市 (2018年1月26日). 2018年2月22日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月22日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月22日閲覧。
  5. ^ 鎌倉市の町名称及び住居表示の実施状況”. 鎌倉市 (2017年2月7日). 2018年2月22日閲覧。
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 鎌倉市の市立小学校通学区域”. 鎌倉市. 2017年7月6日閲覧。
  8. ^ 鎌倉市の市立中学校通学区域”. 鎌倉市. 2017年7月6日閲覧。