メインメニューを開く

手柄山中央公園

兵庫県姫路市にある総合公園

概要編集

姫路市都心に近い手柄山に開設された総合公園である。1942年(昭和17年)に9.2ヘクタールの公園として開設[1]1966年(昭和41年)に開催された姫路大博覧会の跡地を姫路市が整備し現在に至る。総面積38.17ヘクタールで、その規模は姫路市において姫路公園(面積68.1ヘクタール)に次ぐ[1][2]

公園内には、既存の太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔(1956年〈昭和31年〉竣工)および姫路球場(1959年〈昭和34年〉竣工)に加えて、博覧会以後に建設された回転展望台・平和資料館水族館温室植物園武道館文化センターコンサートホール)・手柄山遊園・市民プール・中央体育館・陸上競技場などの大型公共施設が数多く立地する。

1998年(平成10年)、国土交通省から「手づくり郷土賞」を受賞した[3]

再開発編集

公園内の施設を再編し整備する計画がある。手柄山遊園と回転展望台は廃止し、体育館の新設や屋内プールの建設、既存施設の統廃合などが計画されている[4][5]

園内の施設編集

交通アクセス編集

1966年から1974年に休止、1979年に廃線となるまでは姫路市営モノレールの手柄山駅も最寄り駅だった。

当公園の北西をJR山陽本線が走っており、新駅を設置する構想がある。

周辺編集

脚注編集

  1. ^ a b 建設 (PDF)”. 市政の概要 平成27年版. 姫路市. 2015年9月27日閲覧。
  2. ^ a b 観光交流 (PDF)”. 市政の概要 平成27年版. 姫路市. 2015年9月27日閲覧。
  3. ^ 手柄山中央公園
  4. ^ 兵庫県姫路市/手柄山中央公園再配置素案/体育館や屋内プール新設、展望台廃止
  5. ^ 生まれ変わる市民憩いの場 姫路の手柄山中央公園
  6. ^ サヨナラ姫路の回転展望台 眺め見納めに長蛇の列”. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社 (2018年3月25日). 2018年6月9日閲覧。

外部リンク編集