メインメニューを開く

田仲 敦子(たなか あつこ、1984年10月21日 - )は、熊本市出身の女子競輪選手日本競輪学校第104期生。旧姓・手柴(てしば)。

目次

来歴編集

中学2年のときにショートトラックスピードスケートをはじめ、熊本市立千原台高等学校時代に国民体育大会に出場。その後、熊本県立保育大学校に進んだが、保健体育の教員を目指すべく、名桜大学に編入学。同校の自転車競技部に入部し、大学4年のとき、全日本大学対抗選手権自転車競技大会(インカレ)のポイントレースで3位に入った。

大学卒業後、臨時採用ではあるが、沖縄県立北中城高等学校保健体育教諭として教鞭を執ることになった。そして同校の自転車競技部の顧問に就任。その後、女子競輪が復活するという話を聞いて興味を持つ事となり、競輪学校第102回試験を受験するも不合格。この結果を受けて教諭職を辞して西島聡一(56期)に師事し、同校104回試験に挑んだ。2011年12月16日、日本競輪学校第104回(女子第2回、技能)試験に合格[1]

競輪学校入学後はヘルニアの罹患や内視鏡手術を受けた[2]こともあり、満足な在校競走成績は挙げられず、18人中16位(1勝)の成績で卒業[3]

2013年5月11日松戸競輪場でデビューし7着。初勝利は同年9月9日豊橋競輪場で挙げた。そして同年12月8日いわき平競輪場で初優勝を果たした[4]

2015年末に結婚、2016年4月25日より田仲 敦子(たなか あつこ)に氏名変更[5]。以後は田仲姓でレースに出走している。

参考文献編集

  • <女子競輪>28歳手柴さん 高校教師から転身(毎日新聞2013年7月19日付)[6]

脚注編集

外部リンク編集