メインメニューを開く
画像提供依頼手稲町章画像提供をお願いします。2013年7月

手稲町(ていねちょう/Teine Town)は北海道札幌郡にあった。現在の札幌市手稲区の大部分と西区の一部に相当。

ていねちょう
手稲町
廃止日 1967年3月1日
廃止理由 編入合併
手稲町札幌市
現在の自治体 札幌市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 石狩支庁
札幌郡
団体コード 当時なし
面積 109.31km2
総人口 30,012
1966年(昭和41年)時点)
隣接自治体 石狩支庁札幌市石狩郡石狩町
後志支庁小樽市
手稲町役場
所在地 北海道札幌郡手稲町軽川
外部リンク なし
座標 北緯43度6分51.21秒
東経141度14分32.05秒
手稲町の位置(北海道内)
手稲町
手稲町
手稲町 (北海道)
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

編集

  • 奥手稲山(949.2m)
  • 丸山(141m)

河川編集

歴史編集

手稲という地名はアイヌ語の「テイネィ/teyne-i」(濡れている・もの)に由来し、町市街地の広がる山麓の開拓される前にあった低湿地帯を指すといわれる。

  • 1872年明治5年) - 発寒村から分離、手稲村開村。
  • 1874年(明治7年) - 手稲村が上手稲・下手稲に分けられる。
  • 1882年(明治15年) - 手稲村大字三村時代が始まり、村が上手稲村・下手稲村・山口村になる。
  • 1902年(明治35年)4月1日 - 上手稲村、下手稲村、山口村が合併、二級町村施行。
  • 1942年昭和17年) - 2月10日 - 札幌郡琴似村と境界の一部を変更し、大字下手稲村の一部が琴似村域となる。
    • 大字三村を廃止し、村が十二字区になる。
  • 1951年(昭和26年)11月1日 - 開村80年、町制施行手稲町となる。
  • 1955年(昭和30年)頃 - 手稲町の札幌市編入案が出始める。
  • 1961年(昭和36年) - 手稲町町章が制定される。
  • 1963年(昭和38年) - 手稲町公民館が完成する。
  • 1964年(昭和39年)9月 - 札幌市・手稲町合併協議会が設置される。
  • 1966年(昭和41年)9月 - 手稲工業団地の造成が開始される。
  • 1967年(昭和42年)2月18日 - 廃町式が行われる。
  • 1967年(昭和42年)3月1日 - 札幌市に編入される。

行政編集

役所編集

  • 手稲町役場

歴代首長編集

手稲三村(1872年 - 1902年)[1]

  • 初代 - 片倉景範(1877年 - 1880年)
  • 第2代 - 菅野格(1880年 - 1883年)
  • 第3代 - 伊藤信正(1883年 - 1887年)
  • 第4代 - 齋藤在武(1887年)
  • 第5代 - 高田直一郎(1887年 - 1892年)
  • 第6代 - 増川兵藏(1892年10月 - 1893年)
  • 第7代 - 石井直英(1893年8月 - 1894年)
  • 第8代 - 奥村駒吉(1894年8月 - 1895年)
  • 第9代 - 加藤鐡治(1896年 - 1898年)
  • 第10代 - 小野總次郎(1898年7月 - 1902年)

※この時期までは戸長と称した。

手稲村(1902年 - 1951年)[1]

  • 初代 - 小野總次郎(1902年4月 - 1905年2月)
  • 第2代 - 穂積収夫(1905年2月 - 1906年3月)
  • 第3代 - 百瀬俊淸(1906年4月 - 1907年7月)
  • 第4代 - 新田康次郎(1907年7月 - 1907年11月)
  • 第5代 - 杉原育郎(1907年11月 - 1910年1月)
  • 第6代 - 大久保寅太郎(1910年1月 - 1910年5月)
  • 第7代 - 志賀兼治(1910年5月 - 1914年6月)
  • 第8代 - 小野總次郎(1914年6月 - 1918年3月)
  • 第9代 - 中崎正敏(1918年4月 - 1925年6月)
  • 第10代 - 坂本忘親(1925年6月 - 1927年8月)
  • 第11代 - 鹿目徳親(1927年9月 - 1930年1月)
  • 第12代 - 川合新三郎(1930年1月 - 1932年10月)
  • 第13代 - 畠山定吉(1932年11月 - 1936年1月)
  • 第14代 - 星野毅(1936年1月 - 1941年5月)
  • 第15代 - 山田信一郎(1941年5月 - 1945年3月)
  • 第16代 - 二階堂信次(1945年4月 - 1947年4月)
  • 第17代 - 箕輪早三郎(1947年4月 - 1951年10月)

手稲町(1951年 - 1967年)[1]

  • 初代 - 箕輪早三郎(1951年11月 - 1967年2月:4期連続)

人口編集

手稲村[2]

手稲町[2]

  • 1955年(昭和30年) - 11,158人
  • 1960年(昭和35年) - 14,477人
  • 1965年(昭和40年) - 26,309人

出身有名人編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c 札幌市手稲記念館の展示資料による
  2. ^ a b 各年度の国勢調査による

関連項目編集

外部リンク編集