メインメニューを開く

この項目では、手賀川と下手賀川、六軒川、弁天川をまとめて説明します。


手賀川
水系 一級水系 利根川
種別 一級河川
延長 (含六軒川)7,7 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 -- km²
水源 千葉県柏市片山新田[1]
河口・合流先 利根川(千葉県)
流域 日本の旗 日本 千葉県我孫子市柏市印西市
テンプレートを表示
下手賀川
水系 一級水系 利根川
延長 1,9 km
水源 千葉県手賀曙橋
河口・合流先 手賀川
流域 日本の旗 日本 千葉県印西市柏市
テンプレートを表示
弁天川
水系 利根川
延長 1,5 km
水源 千葉県印西市大森
河口・合流先 手賀川(千葉県)
流域 日本の旗 日本 千葉県印西市
テンプレートを表示


手賀川(てがかわ)は、千葉県にある利根川水系の河川。手賀沼と利根川を結ぶ。

目次

概要編集

手賀沼東部に源を発し、東に流れる。流路に柏市我孫子市印西市がある。印西市発作付近で下手賀沼の水・下手賀川と合流する。途中、印西市大森で流路が2つに分かれる(北が六軒川、南が弁天川)。その後、印西市木下(きおろし)付近で再び合流し、利根川にそそぐ。

流路と干拓編集

手賀川は手賀沼の干拓により流路が伸びた。昔の手賀川は、今の手賀川本流と下手賀川との合流点付近が源であった。

手賀沼では、大きな干拓が2度行われている。第一干拓では、現在の下手賀川付近、第二干拓では今の手賀川北岸が埋められた。これにより、ほとんどが水田となり、残った部分が手賀川となった。

周辺地域編集

手賀川周辺は干拓の影響もあって田圃が広がり、豊かな田園風景が楽しめる。また、多くの疏水水路があり、地元の水源にもなっている。

流路付近にある施設編集

上流より

支流編集

編集

上流より

手賀川編集

下手賀川編集

六軒川編集

弁天川編集

関連項目編集