メインメニューを開く

手越川(てごしがわ)は、愛知県豊明市および名古屋市緑区を流れる天白川水系二級河川

手越川
水系 二級水系 天白川
種別 二級河川
延長 -- km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 -- km²
水源 愛知県豊明市栄町
水源の標高 -- m
河口・合流先 天白川(愛知県名古屋市緑区)
流域 愛知県
テンプレートを表示

地理編集

愛知県豊明市栄町に源を発し、豊明市栄町武侍からほぼ旧東海道に沿う形で途中いくつかの支流を集めながら緑区有松、左京山を流れて鳴海駅付近で、北にほぼ平行して流れる扇川合流する。現在名鉄名古屋本線と国道1号線が、ほぼ川ぞいに走っている。

戦国時代にはこの川沿いには整備された道がなく、扇川との合流点近くは干潟で中島と呼ばれていた。さかのぼると現在の有松の東で深い狭間状の谷になっており、1560年の桶狭間の戦い織田信長が桶狭間山の今川義元の陣に進んだルートとして有名になった(信長が有松付近まで、この川の北方約1キロメートルの扇川から有松北方の丘を超えて、有松の狭間に入ったという説=迂回説と、最初から手越川沿いに進んできたという説=正面攻撃説の2説がある)

この川の両岸の埋め立てが始まったのは長篠の戦い以後であり、有松・鳴海の宿が完成したのは、江戸時代になってからである。

流域の自治体編集

橋梁編集

  • 鴻ノ巣橋