メインメニューを開く

手鎌村(てがまむら)は、福岡県の南部、三池郡にかつてあったである。

てがまむら
手鎌村
廃止日 1907年5月1日
廃止理由 新設合併
手鎌村倉永村上内村、銀水村 → 銀水村
現在の自治体 大牟田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
三池郡
隣接自治体 大牟田町、倉永村、銀水村、開村
手鎌村役場
所在地 福岡県三池郡手鎌村
 表示 ウィキプロジェクト

概要編集

現在の大牟田市の北西部、大字唐船・岬・手鎌および甘木にあたる。なお、昭和開については、1950年代に始まった三池干拓事業により造成された土地であるため、旧手鎌村域には含まれない。

西は有明海に面し、南は大牟田町、東は銀水村、北東は倉永村、北は開村と接していた(開村は現在のみやま市)。

歴史編集

学校編集

  • 深倉小学校(のちの手鎌尋常小学校、現在の大牟田市立手鎌小学校)

交通編集

国鉄(現在のJR九州鹿児島本線の線路が村の東端を掠めていたが、村内に駅は設けられていなかった。

また、旧手鎌村が合併で消滅した後に開業した九鉄(現在の西鉄天神大牟田線)の駅のうち、旧村域にあたるのは東甘木駅である。

関連項目編集

外部リンク編集