メインメニューを開く

打出浜の戦い(うちではまのたたかい)は、南北朝時代観応の擾乱における合戦の一つ。1351年正平6年/観応2年)2月、摂津国打出浜兵庫県芦屋市)において、足利直義の軍勢と足利尊氏高師直の軍勢の間で戦われた。

打出浜の戦い
武庫川
武庫川(高師直最期の地)
戦争観応の擾乱
年月日正平6年/観応2年(1351年)2月
場所摂津国打出浜
結果:直義軍の勝利
交戦勢力
直義軍(南朝) 尊氏・高師直軍(北朝)
指導者・指揮官
Kamon ashikagafutatuhiki.png 足利直義 Kamon ashikagafutatuhiki.png 足利尊氏
Hanawa001.jpg 高師直
戦力
- -
損害
不明 不明
南北朝の内乱

目次

背景編集

室町幕府内で足利尊氏の執事高師直と、弟の足利直義の対立が深刻化した。一旦は師直派が有利となり、直義は出家し実権を失い、直義派の上杉重能畠山直宗は配流先で師直の配下に暗殺された。1350年、尊氏は九州で兵を挙げた直義の養子足利直冬を討つため、師直らを伴って出陣した。その頃京都を脱出した直義は南朝に降伏し、師直追討のための兵を挙げた。1351年1月、直義派は京都に攻め込み、留守を預かる足利義詮を破った。尊氏は備後から兵を帰し、直義勢と戦いとなった。

経過編集

尊氏・師直は直義勢を難なく打ち破れると考えていたようだが、師直に反感を持つ多くの武将が直義に従っていたため苦戦に陥る。尊氏は播磨に兵を引き、高師泰らの軍勢と合流し再起を図る。その間に、尊氏勢の中から直義勢に寝返る武将が現れ始めた。2月17日(3月15日)、尊氏軍は直義軍と摂津国打出浜兵庫県芦屋市)で決戦し、数の上では優位であるが、戦意に勝る直義軍の前に敗北する。尊氏は師直・師泰兄弟の出家を条件に直義と和睦が成立した。しかし、師直兄弟は摂津から京都への護送中に、怒り狂って待ち受けていた直義派の上杉能憲(師直に殺害された重能の養子)らの軍勢により、2月26日(3月24日)、摂津の武庫川(兵庫県伊丹市)で一族とともに殺害された。

影響編集

直義派は高兄弟の排除に成功し、主導権を奪回した。尊氏派・直義派は一旦は和睦したものの対立は収まらず、両者は再び戦いを始めることとなる。滅亡寸前にまで追い込まれていた南朝だったが、直義の降伏をきっかけに以後も北朝方武将の降伏が続き、南北朝の動乱が長引いた。

参加人物編集

足利尊氏勢
足利尊氏、足利義詮、高師直、高師泰、高師夏高師世仁木頼章赤松範資
足利直義勢
足利直義、細川顕氏石塔頼房桃井直常畠山国清、上杉能憲

関連項目編集