払腰の実演
天神真楊流の乱捕技、拂ヒ腰

払腰(はらいごし)は、柔道、の腰技の一つ。講道館国際柔道連盟 (IJF) での正式名。IJF略号HRG。旧称掃腰。幕末の天神真楊流柔術の乱捕技に拂ヒ腰がある。

概要編集

相手を腰に乗せ、後ろに脚を払って、相手を横に泳がせる様に投げる技。

膝のあたりを払うので、後ろを向いた膝車ともいえる。また、内股は、股の間(足の内側)から足を跳ねる(跳腰は自分と同じ足、内股はどちらの足でもよい。)のに対し、払腰は膝を脚の外側から払うため、外股ともいえる。(特に、内股と払腰は、脚の内側から脚を跳ねるか、脚の外側から脚を払うかの違いだけで、全く、同じフォームで投げる事も出来る。)釣り手で横襟を掴み、引き手で袖を掴む。前回りさばきで相手を前すみに吊るすように崩し、脚後部を相手の膝にあて、払い上げるようにして投げる。大腿前部から腰の高さにあてると、大車になり、足首にあてると、足車になる。

相撲決まり手二丁投げ大外刈と共に払腰にあたる技である。

投の形編集

投の形の腰技の2本目。

約2で向かい合い、受が右足を踏み出して右自然体に組もうとする。これに取が応じ、右自然体で組み、左足から後退する。続いて、取は受を引き出そうと左足を引く。このとき、右手を受の左腋下に差込む。次に取が後退するとき、両手で受を引き付け、受から見て右前隅に浮かし崩す。そして、右脚で払いあげる。

回込み払腰編集

回込み払腰(まわりこみはらいごし)[1]横山作次郎が得意だった変わった体さばきの払腰。右組で左足を相手の左に踏み込み、その左足を軸に、はずみをつけて体を左回転で急旋回させながら、相手を真前に崩し、右脚を大きく相手の前に振り出し、払い上げて倒す[2]大車[1]腰車[3]にも同様の体さばきのものがある。

歴史編集

嘉納治五郎の得意技「浮腰」は大抵の者は容易に逃げることは出来ない技であったが、次第に西郷四郎などが前に飛んで回避するようになり決まらなくなってきた。そこで嘉納は逃げる脚を払って投げを効かせる「払腰」を編み出した[4]。嘉納は1931年刊の著書『柔道教本』の中で払腰について、「西郷四郎はどんな技を掛けられても、暫くするとそれに対応する方法を工夫して逃げる事を覚えた。私は浮腰が得意であったから当分の間は容易に逃げさせなかったが、後には前に跳んで逃げるようになった。そこで、その逃げる脚を払いながら喰い止めて投げを効かせるようにした技である」と述べている[4]。しかし、嘉納が学んだ天神真楊流柔術の乱捕技に拂ヒ腰という同様の技が存在していることや、柔術諸流の乱捕で使われていた事実から、起源は江戸時代にある。

他の競技への派生編集

プロレス編集

プロレスにおいては、柔道経験者のレスラーが走ってくる相手に対しカウンター技として用いることが多い。

主な使用者編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b 嘉納行光川村禎三中村良三醍醐敏郎竹内善徳『柔道大事典』佐藤宣践(監修)、アテネ書房、日本(原著1999年11月21日)、391頁。ISBN 4871522059。「回込み払腰」
  2. ^ 払腰(はらいごし)<腰技>”. 日本: 講道館. 2020年7月16日閲覧。 “その2. 回り込みの「払腰」”
  3. ^ Mikinosuke KAWAISHI. Ma méthode de judo. Jean Gailhat(仏訳、イラスト). フランス: Judo international. pp. 56-57. "KOSHI-GURUMA" 
  4. ^ a b 老松信一「柔道小史 -連載10 柔道の技術的発展-」『近代柔道(1980年8月号)』、ベースボール・マガジン社、1980年8月20日、 56頁。

外部リンク編集