折り鶴放火事件(おりづるほうかじけん)は、大阪府東大阪市に住む関西学院大学の男子学生が2003年8月1日広島県広島市中区広島平和記念公園内にある「原爆の子の像」に捧げられていた約14万羽の折り鶴放火した事件[1]

概要編集

2003年8月1日、「原爆の子の像」周辺に保管されていた折り鶴が燃えているのを通行人が発見、通報。広島県警察広島中央警察署の捜査により、防犯カメラに映っていた関西学院大学の4年生男子が器物損壊容疑で逮捕され、一緒にいた友人2人も口頭で厳重注意を受けた。大学側は会見で陳謝した[2]

犯人の男子学生は同日早朝から友人と広島市周辺を旅行中であった[2]。大学で留年し、就職できずむしゃくしゃしていたことが事件の動機であったという[2]

8月2日、関西学院大学学長が広島市を訪れ、秋葉忠利市長らに謝罪。8月6日には事件を知った同大学の在校生や卒業生、教職員によって折られた折り鶴91,000羽を大学関係者が持参し、謝罪した。その後、男子学生は釈放され、罰金30万円の略式命令、現場施設の復旧費340万円を請求されるが、深く反省しているとして退学を免れた。[要出典]

脚注編集

  1. ^ 720人が平和学学ぶ/関学大、折り鶴放火で講座”. 四国新聞社. 2021年8月5日閲覧。
  2. ^ a b c 折り鶴放火の大学生逮捕 14万羽焼失 - 中国新聞、2003年8月2日(インターネットアーカイブ)