抵当証券法(ていとうしょうけんほう、昭和6年3月30日法律第15号)は日本法律の一つ。抵当権を証券化させること(抵当証券)によって証券市場において流通させ、金融の便に供することを目的とする。全42条。最終改正は平成29年6月2日法律第45号。

抵当証券法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和6年3月30日法律第15号
種類 金融法
効力 現行法
主な内容 抵当権の証券化に関する法律
関連法令 民法抵当証券業の規制等に関する法律有価証券法など
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

関連項目編集

外部リンク編集