メインメニューを開く

押角峠(おしかどとうげ)は、岩手県宮古市下閉伊郡岩泉町の境界にあるである。

押角峠
Oshikado-Pass.jpg
押角峠と雄鹿戸隧道(宮古市側坑口)
所在地 日本の旗 日本
岩手県宮古市下閉伊郡岩泉町
座 標 北緯39度44分34.6秒
東経141度41分3.3秒
座標: 北緯39度44分34.6秒 東経141度41分3.3秒
山 系 北上山地
通過路 国道340号(雄鹿戸トンネル)
岩泉線(押角トンネル)
押角峠の位置
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

なお、国道340号および鉄道路線(JR岩泉線)の峠部分はトンネルなどにより貫通している(後述)。

概要編集

国道340号の本峠の前後は、一部が片側1車線である以外は急カーブ・急勾配が連続する所謂「酷道」であり、非降雪期の普通車同士のすれ違いですら困難である(いずれか一方が狭隘な山岳路を行き違い可能な場所まで相当な距離を「後退」しなければならない)。 しかし通行車両規制、冬期閉鎖規制等の措置は実施されておらず、大型トラックがガードレールをかすめながら通行する様子すら見られる。

この峠の厳しい道路事情は並行する東日本旅客鉄道(JR東日本)岩泉線の存廃問題と密接に関わっており、長大トンネルの建設もままならない県の苦しい台所事情と沿道住民の足を守る観点から現峠ルート冬期閉鎖規制実施の難しさという板挟みに遭っている。

2013年9月9日、JR東日本は押角峠の道路改良に協力することを提案し、岩手県は道路を改良工事する検討に入った。なお、岩泉線の存続問題とは別々に考えるとしている[1]。その後、同年11月中に岩手県の道路改良方針(鉄道の押角トンネルを道路用に転用する)に宮古市と岩泉町が受け入れる方向で最終調整がすすめられることになり、岩泉線の廃止は確定的となった[2]。岩泉線は2014年4月1日限りで廃止された。

 
雄鹿戸隧道(岩泉町側坑口)


雄鹿戸トンネル編集

雄鹿戸トンネル(おしかどトンネル)は、宮古市と岩泉町の境界付近に設けられたトンネルである。読み方は「押角」と同じく「おしかど」である。1935年(昭和10年)竣工、全長579.7m・幅員4.6m。内部の照明は暗く普通車でもすれ違いが困難であるため、大型車の通行は勧められない。

なお、押角トンネルが道路用に改良された後の当トンネルの存廃は不明である。

押角トンネル編集

押角トンネル(おしかどトンネル)は、峠付近の国道に並行して設けられた、JR東日本岩泉線の押角駅 - 岩手大川駅間に位置する、全長2,987mの単線鉄道トンネルである。

1947年(昭和22年)の国鉄小本線(現・岩泉線)押角駅 - 宇津野駅(1957年に廃止)間延伸時に開通した。なお、旧宇津野駅は本トンネルの岩手大川側坑口付近に位置していた。2014年の岩泉線の廃線により鉄道トンネルとしては役目を終えた。

押角峠道路編集

押角峠道路(おしかどとうげどうろ)は、岩手県宮古市から下閉伊郡岩泉町へ至る国道340号バイパス道路である。

2014年度より押角トンネルを道路用に拡幅するための事業に着手し、2020年度に供用開始予定である[3]

路線データ編集

  • 起点:岩手県宮古市和井内
  • 終点:岩手県下閉伊郡岩泉町大川

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集