拓跋 翰(たくばつ かん、生年不詳 - 452年)は、北魏皇族。東平王。

生涯編集

太武帝と舒椒房のあいだの子として生まれた。442年、秦王に封じられ、侍中・中軍大将軍の位を受け、参都曹事を務めた。太傅高允が年少の拓跋翰をさとすために「諸侯箴」を作ると、拓跋翰はこれを見て喜んだ。後に枹罕に駐屯し、羌族の信望を集めた。東平王に改封された。452年、太武帝が死去すると、大臣たちは拓跋翰を擁立しようとした。しかし中常侍の宗愛は拓跋翰と合わず、赫連皇后の令と偽って南安王拓跋余皇帝に立て、拓跋翰を殺害した。

子の拓跋道符が東平王位を嗣ぎ、中軍大将軍・長安鎮都大将となったが、467年に謀反し、司馬の段太陽に斬られた。

伝記資料編集