メインメニューを開く

拝島大師(はいじまだいし)は、東京都昭島市拝島町一丁目にある天台宗の仏教寺院である。本覚院が正式な名称である。大日八坊の一つで、比叡山延暦寺の中興の祖として知られる良源(元三大師、慈恵大師)を本尊として祀る。

拝島大師
拝島大師.jpg
山門
所在地 東京都昭島市拝島町1-6-15
位置 北緯35度42分19.6秒
東経139度20分49.55秒
山号 拝島山
宗派 天台宗
本尊 元三慈恵大師
創建年 伝・1578年天正6年)
開基 伝・敬諶
正式名 拝島山 本覚院
別称 拝島大師
法人番号 5012805000383
テンプレートを表示

概要編集

本尊の元三慈恵大師像は良源が自らの姿を刻んだものとされ、本来は比叡山横川の地に祀られていたと言われる。寺伝によれば、元亀2年(1571年織田信長比叡山焼き討ちの際に、敬諶大僧都が大師像を持ち出した。敬諶は諸国放浪の末、1578年天正6年)この地に大師像を安置し本覚院を創建したと伝えられている。

正月2日3日の縁日は「だるま市」として有名であり、初詣とあわせて多くの参拝者で賑わう。

住所編集

昭島市拝島町1-6-15

アクセス編集

関連項目編集