拾遺愚草(しゅういぐそう[1])は、藤原定家による鎌倉時代の自撰歌集[2]国宝に指定されている。中世以前の歌人の自撰・自筆の歌集としては日本で唯一のものである。1216年に3巻が成立し、1233年までに増補が行われた。およそ3830首を収録している。正編3巻、続編『拾遺愚草員外』1巻、計4巻[3]六家集の一集。自筆本は京都市冷泉家時雨亭文庫に所蔵[4]

脚注編集

  1. ^ Inc, NetAdvance Inc NetAdvance. “拾遺愚草 日本大百科全書(ニッポニカ)|小学館”. JapanKnowledge. 2021年2月10日閲覧。
  2. ^ 拾遺愚草(しゅういぐそう)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2021年2月10日閲覧。
  3. ^ 日本国語大辞典, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,世界大百科事典 第2版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “拾遺愚草とは” (日本語). コトバンク. 2021年2月10日閲覧。
  4. ^ 文化遺産オンライン

外部リンク編集