メインメニューを開く

持続可能な開発のための2030アジェンダ

持続可能な開発のための2030アジェンダ(じぞくかのうなかいはつのための2030アジェンダ、英語: The 2030 Agenda for Sustainable Development)は、2000年国連ミレニアム・サミット英語版で策定されたミレニアム開発目標(MDGs)が2015年で終了することを受け、国連が向こう15年間(2030年まで)の新たな持続可能な開発の指針を策定したもの。単に2030アジェンダとも。「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals: SDGs) を中核とする。2015年9月25日の国連総会で採択された[1]

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合総会
決議70/1
日付: 2015年9月25日
形式: 総会決議
会合: 4回
コード: A/RES/70/1


投票結果: 全会一致で採択

目次

概要編集

2014年国連総会で新たな開発目標「ポスト2015開発アジェンダ英語版[2]が検討され、それをより具体化させたのが合意文書Transforming Our World: The 2030 Agenda for Sustainable Development(我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ)』[3]となる。

要旨編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 環境省地球環境局国際連携課 「持続可能な開発のための2030アジェンダ/SDGs」 環境省公式サイト2015年11月18日付、2016年1月5日閲覧.
  2. ^ ポスト2015開発アジェンダ - UNDP
  3. ^ Global Sustainable Development Report, 2015 edition - 国際連合(英語)

関連項目編集

外部リンク編集