指名競争入札(しめいきょうそうにゅうさつ)とは、競争入札の手法の一つ。(一定の条件を満たす)希望者すべてを入札に参加させる一般競争入札と異なり、特定の条件により発注者側が指名した者同士で競争に付して契約者を決める方式。各省各庁の長は参加資格を定めなければならない(予算決算及び会計令第95条)が、一般競争入札と同じ場合は、資格内容、名簿とも一般競争の物を準用できる。

手続きの流れ編集

一般競争入札と同様に、入札の方法や審査基準等について、審査会を開いて事前に決定する。通常指名競争入札と工事希望型指名競争入札においては、客観的基準に基づいて、通常指名競争入札では10者程度、工事希望型指名競争入札20者程度、指名対象業者を選定する。

公募型指名競争入札では、一般競争入札と同様に公示を実施する。工事希望型指名競争入札や通常指名競争入札では、公示は行われず、指名通知のみが行われる。

公示を見て応募する場合、または、通知を受けて参加を希望する場合は、一般競争入札と同様に、一般競争入札参加資格確認申請書類を応募書類に添えて提出する。

申請書の提出期限の後、再度審査会を開いて入札参加資格確認申請書類を審査する。公募型指名競争入札や工事希望型指名競争入札では、指名予定業者数(10者程度)を超えていた場合には、事前に定められた審査基準に基づいて序列をつけ、指名業者を予定業者数まで絞り込む。ただし、2002年より公募した条件さえ満たすのであればすべての業者を指名する方式(公募型指名競争入札など)も採用されるようになった。

これ以下の手続きは一般競争入札と同様であり、入札参加を認められた者は、入札期限までに、入札書を郵送または持参するか、電子入札の手続きを行い、契約担当官等は、開札日(通常は入札期限の翌日)に複数の職員立ち会いのもと、入札書の開札を行う。総合評価方式の場合は予定価格以内で評価値(評価点を入札金額で除した値)の最も高い入札書を、価格評価方式の場合は予定価格内最廉価格の入札書を、落札として決定する。同点の場合は、くじ引き等で落札者を決定する。

功罪編集

指名競争入札は、発注者が入札参加者の選定の段階で入札に参加できる者を指定(指名)して行う入札制度であることから、発注者は受注希望者の能力や信用などを指名の段階で判断し、これらに疑いを持つ者を入札執行前に排除することが可能であるため、受注(希望)者の地域貢献度を重視することや、入札執行後に受注者の能力不足や信用度の欠落によるトラブルを容易に防ぐことが出来るため、かつては地方公共団体を中心に入札制度の主流となってきた。

一方で近年では、指名の際の選定基準について明確なルールがないことによる発注者の恣意性を問題視する事例も少なくない。指名に漏れた業者の中には、行政の恣意的な指名要件により自らが排除され業務の受注機会を失ったとして発注者に対して裁判を起こす事例[1]もある。また、入札の際に信用度等が重視されるが故に価格のみの競争が起こりにくくなり、参加業者が少数になるために談合が起こりやすく入札価格が高止まりしやすい、官製談合の温床となっているとの指摘もある。後述のように官製談合による公務員の逮捕は2010年代以降も後を絶たない。

このため、要件を詳細に定める代わりに希望する者を入札対象とする公募型指名競争入札や条件付き一般競争入札を導入する動きが活発となっており、指名競争入札は少額入札などの例外的扱いとなる傾向が見られる。

指名競争入札をめぐる刑事事件編集

2009年
  • 6月20日 - 宮崎県えびの市長の宮崎道公と市内の造園土木会社社長が競売入札妨害の疑いで逮捕された。宮崎は、2008年6月27日に行われた「2008年度榎田橋橋梁維持工事」の指名競争入札で、同社に落札させようと計画。入札直前の6月26日頃、同社社長に工事の最低制限価格を電話で伝え、同価格に近い金額で工事を落札させた疑いがある[2]
2014年
  • 5月20日 - 長崎県南島原市長の藤原米幸、副市長の永門末彦ら7人が官製談合防止法違反や公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕された。2012年6月28日に行われたポンプ場の電気設備工事の指名競争入札で、福岡市南区の電気設備会社に最低制限価格を類推できる情報を漏らして落札させた疑いがもたれた。落札価格は9,900万円で、予定価格の93%だった[3]
2016年
  • 2月22日 - 北海道美瑛町の美瑛町立病院の放射線技師が官製談合防止法違反で逮捕された。2011年に行われた、放射線室で使用する「全身用MRIシステム」の指名競争入札で、放射線技師は病院が購入を決めていた機器のメーカーの社員と共謀し、意中の納入業者にだけ、予定価格を下回る卸売価格を告げて落札させた疑いがある。業者は予定価格9,648万6千円のところ、9,648万円で落札した[4]
  • 11月8日 - 札幌市の市職員が官製談合防止法違反で逮捕された。市観光文化局スポーツ部が2013年2月に発注した札幌市麻生球場の搬入ゲート取り換え工事の指名競争入札において、市職員は市内の建築金物製作会社の従業員に入札の設計金額などを漏らしたとされる[5][6]
  • 12月8日 - 島根県奥出雲町の町職員が官製談合防止法違反で逮捕された。町職員は、2016年6月に行われた町役場の仁多庁舎で使う机などの調達にかかる指名競争入札の予定価格を漏洩した疑いがある[7]
2017年
  • 2月14日 - 埼玉県蓮田市の市職員が公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕された。2016年7月から2017年1月にかけ、市発注の土木工事の指名競争入札3件で、同職員は業者2社が提出した見積書の金額を予定価格に設定するなどして、近接する金額で落札させた疑いがある[8]
  • 6月16日 - 沖縄県渡名喜村長の上原昇が官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕された。2016年9月下旬、上原は、村が発注した多目的施設の電気工事の指名競争入札に関する情報を電気工事会社代表に漏らしたとされる[9][10]
2018年
  • 7月9日 - 福岡県鞍手町長の徳島真次が官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された。2015年7月、徳島は下水道事業の設計業務を巡る2つの指名競争入札で、最低制限価格などを元町議の福本博文と建設コンサルタント会社役員に漏らし、福本の会社と建設コンサルタント会社に同価格に近い金額で落札させたとされる[11]
  • 10月22日 - 東京都小平市公立昭和病院を運営する「昭和病院企業団」事務局施設担当課長が官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された。同年7月中旬~8月上旬、同課長は同病院の空調設備の保守・整備業務の委託を巡る指名競争入札を巡り、東京都大田区の空調工事会社の役員に予定価格の暫定価格や指名業者の情報を漏らした疑いがある。8月17日に行われた入札には4社が参加し、同社が予定価格の99.84%の約7,600万円で落札した[12]
2019年
  • 9月26日 - 東京都武蔵村山市の男性職員が収賄の疑いで逮捕された。男性職員は、桜並木の管理業務の委託契約に関する指名競争入札で参加業者名や応札額を漏らすなどし、2018年6月から2019年1月にかけて3回に分けて現金計20万円を同市の造園会社社長から受け取った疑いがある[13]
  • 11月18日 - ラジオ高崎社長で高崎芸術劇場館長の菅田明則と高崎市役所課長が官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された。同年1月頃、高崎市が発注した高崎芸術劇場の備品購入の指名競争入札に関し、市課長が入札予定価格5800万円(税抜き)を菅田に漏らし、1月24日に実施された指名競争入札で市内の電気工事会社が5680万円で落札したとされる[14][15]
2020年
  • 6月2日 - 東京都府中市の市都市整備部参事が官製談合防止法違反容疑で、府中市議会議員の村木茂と臼井克寿が公契約関係競売入札妨害容疑で逮捕された。2019年8月、当時都市整備部長だった市参事は、東京オリンピックロードレース会場となる「浅間町1丁目地内道路新設工事」と、多摩川沿いの公園「四谷さくら公園拡張整備工事(2期)[16]」の指名競争入札にあたり、最低制限価格(税抜)は公園拡張工事が1億1,220万4,071円、道路新設工事が5,454万8,952円であるとの情報を村木と臼井に漏らしたとされる[17]
  • 10月2日 - 茨城県石岡市の市課長が官製談合防止法違反の疑いで逮捕された。市課長は2018年10月、同市体育館の空調設備の清掃業務委託の指名競争入札にからみ、同市のビル管理会社「アンテック」役員に情報を漏らし、不正な入札を行った疑いがある。入札は7社で行われ、予定価格950万円に対し、アンテックが946万円で落札した[18]
  • 10月7日 - 新潟市の市職員が官製談合防止法違反の疑いで逮捕された。同年3月下旬、公園管理業務委託の指名競争入札に関し、同市秋葉区の造園業者に最低制限価格を漏らしたとされる。入札は8社で行われ、最低制限価格の約1,765万円で同造園業者が落札した[19]
  • 12月3日 - 沖縄県の「本部町今帰仁村清掃施設組合」の事務局長が官製談合防止法違反の疑いで逮捕された。事務局長は2019年2月から3月にかけて、一般廃棄物最終処分場・し尿処理施設運転維持管理委託業務の発注仕様書を、浦添市の「めぐみ創研」が有利に落札できるよう改定し、3月13日ごろに非公表の入札書比較価格(5,100万円)に近い価格を漏らし、同社に落札させた疑いがある。落札額は5,050万円で落札率は99%だった[20]
  • 12月24日 - 青森県西目屋村長の関和典が官製談合防止法違反の疑いで逮捕された。関は2019年8月下旬ごろ、弘前市内の4社が参加した除雪車1台の指名競争入札で、弘前市の建設機器販売会社「小山内重整備」の役員に予定価格を漏らした疑いがある。関の逮捕は2度目[21]
2021年
  • 1月13日 - 福井県若狭町の男性職員が公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕された。男性職員は、2019年7月12日に行われた大気汚染測定局新設工事の指名競争入札で、同町の電気設備会社社長に非公表の予定価格に近い2,335万円を教え、落札させた疑いがある[22]
  • 1月14日 - 西目屋村長の関和典が官製談合防止法違反の疑いで逮捕された。関は、2019年10月に行われた西目屋小学校の教員用のパソコンなどの購入の指名競争入札を巡って、青森市の情報機器販売会社「よつば」が落札できるよう便宜を図った疑いがある。関の逮捕は3度目[23]
  • 1月19日 - 宮崎県日南市副市長の田中利郎と、日南地区建設業協会長で小野建設社長の小野耕嗣が官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された。田中は2020年10月9日、市役所であった曽和田線道路改良工事の指名競争入札で、小野からの依頼に基づき特定の業者を指名業者から排除したうえ、予定価格の391万2728円に近い額で別の業者に入札させ落札させた疑いがある。落札率は98.4%[24]
  • 2月8日 - 辞職した元西目屋村長の関和典が収賄などの容疑で逮捕された。同村は国の「GIGAスクール構想」を受けて、児童用タブレット端末52台などの購入を計画。2020年6月に行われた西目屋小学校の児童用タブレット端末の購入先を決める村発注の指名競争入札で、前述の「よつば」が落札できるよう有利な会社を選定するなどして落札させ、同年9月下旬ごろ、見返りに同社の役員から現金数十万円の賄賂を受け取ったとされる。関の逮捕は4度目[25]
  • 2月25日 - 福島県会津美里町長の渡部英敏が官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕された。渡部は、2020年10月に入札を予定していた高田地域町営住宅解体除去工事の指名競争入札で、入札前に予定価格と最低制限価格を建設会社代表に漏らして落札させた疑いがある[26][27]。3月8日、渡部は辞職した[28]
  • 4月7日 - 群馬県前橋市の市課長補佐と会社元代表取締役と会社代表取締役が官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕された。課長補佐は元代表取締役と共謀し、昨年7月8日の道路改良工事(同市笂井町・小島田町)に関する指名競争入札で、予定価格(1149万円)を漏らし、落札率98.3%に当たる1130万円で元代表取締役の会社に落札させた疑いがある。また、課長補佐は代表取締役と共謀し、同年11月5日の公園遊具整備工事(同市下細井町)に関する指名競争入札で、予定価格(405万円)を漏らし、落札率96.3%に当たる390万円で代表取締役の会社に落札させた疑いがある[29]

脚注編集

  1. ^ 岐阜市を提訴した建設コンサルタントの希望社など
  2. ^ 『朝日新聞』2009年8月1日付朝刊、宮崎全県、1面、地方。
  3. ^ “南島原市長ら7人を逮捕 入札情報漏らした疑い”. 日本経済新聞. (2014年5月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2001Q_Q4A520C1CC0000/ 2016年9月9日閲覧。 
  4. ^ “官製談合の疑いで職員逮捕 北海道・美瑛町立病院”. 産経新聞. (2016年2月22日). https://www.sankei.com/affairs/news/160222/afr1602220027-n1.html 2021年2月14日閲覧。 
  5. ^ 朝日新聞 (2016年11月8日). “元札幌市職員ら官製談合容疑で逮捕 野球場工事で便宜か” (日本語). 朝日新聞デジタル (東京都). http://www.asahi.com/articles/ASJC804FCJC7IIPE05L.html 2016年12月15日閲覧。 
  6. ^ 時事通信社 (2016年11月8日). “札幌市元職員ら逮捕=球場改修で官製談合疑い” (日本語). 時事ドットコム (東京都). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016110800021&g=soc 2016年12月15日閲覧。 
  7. ^ “官製談合疑いで町職員ら4人逮捕 島根・奥出雲”. 産経新聞. (2016年12月8日). https://www.sankei.com/west/news/161208/wst1612080050-n1.html 2021年2月14日閲覧。 
  8. ^ “競売入札妨害疑いで蓮田市道路課主幹を逮捕 埼玉”. 産経新聞. (2017年2月14日). https://www.sankei.com/affairs/news/170214/afr1702140021-n1.html 2021年2月14日閲覧。 
  9. ^ “官製談合の疑いで村長逮捕、入札情報を漏洩か 沖縄”. 朝日新聞. (2017年6月16日). https://www.asahi.com/articles/ASK6J72HRK6JTIPE03S.html 2021年2月14日閲覧。 
  10. ^ “社説[渡名喜村長逮捕]癒着の構図を断ち切れ”. 沖縄タイムス. (2017年6月18日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/103224 2021年2月14日閲覧。 
  11. ^ “福岡・鞍手町長を逮捕 入札情報漏らした疑い”. 産経新聞. (2018年7月10日). https://www.sankei.com/west/news/180710/wst1807100015-n1.html 2021年2月14日閲覧。 
  12. ^ “病院入札で官製談合の疑い 公営企業課長ら逮捕 警視庁”. 朝日新聞. (2018年10月22日). https://www.asahi.com/articles/ASLBQ5H0ZLBQUTIL02L.html 2021年2月14日閲覧。 
  13. ^ “武蔵村山市主任に収賄容疑 桜並木管理巡り応札額漏洩か”. 朝日新聞. (2019年9月26日). https://www.asahi.com/articles/ASM9V5JK0M9VUTIL02N.html 2021年2月14日閲覧。 
  14. ^ “官製談合疑いで3容疑者逮捕 オープン直後 高崎芸術劇場に激震”. 上毛新聞. (2019年11月20日). https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/174610 2019年11月29日閲覧。 
  15. ^ “官製談合容疑で市職員逮捕 高崎芸術劇場入札で館長も”. 産経新聞. (2019年11月19日). https://www.sankei.com/affairs/news/191119/afr1911190005-n1.html 2019年11月29日閲覧。 
  16. ^ 四谷さくら公園拡張部分(2期)を開園します”. 東京都府中市ホームページ (2020年2月3日). 2020年6月20日閲覧。
  17. ^ 土木工事で市幹部と市議ら6人逮捕、府中市で官製談合疑惑” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 日経BP (2020年6月8日). 2020年6月20日閲覧。
  18. ^ “石岡市課長ら逮捕 清掃業務入札で官製談合疑い―茨城県警”. 時事通信. (2020年10月2日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020100201048&g=soc 2021年2月14日閲覧。 
  19. ^ “新潟市職員を逮捕 公園管理で官製談合容疑―県警”. 時事通信. (2020年10月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020100701146 2021年2月14日閲覧。 
  20. ^ “官製談合の疑い2人逮捕 本部今帰仁清掃組合 事務局長と会社社長”. 沖縄タイムス. (2020年12月4日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/673364 2021年2月14日閲覧。 
  21. ^ “除雪車入札で談合疑い 青森・西目屋村長を再逮捕”. 河北新報. (2020年12月25日). https://kahoku.news/articles/20201225khn000033.html 2021年2月14日閲覧。 
  22. ^ “工事予定価格漏えいか 官製談合疑い 若狭町職員ら逮捕”. 読売新聞. (2021年1月14日). https://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20210113-OYTNT50046/ 2021年2月14日閲覧。 
  23. ^ “西目屋村の官製談合事件 関 和典村長を再逮捕”. ABAニュース. (2021年1月14日). https://www.aba-net.com/news/news-7424.html 2021年2月14日閲覧。 
  24. ^ “副市長を逮捕、道路工事で談合の疑い 宮崎・日南”. 朝日新聞. (2021年1月19日). https://www.asahi.com/articles/ASP1M3VTDP1MTNAB004.html 2021年1月20日閲覧。 
  25. ^ 南迫弘理、平家勇大 (2021年2月9日). “青森・西目屋村の官製談合、前村長を4回目逮捕 収賄容疑でも”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20210209/k00/00m/040/108000c 2021年2月14日閲覧。 
  26. ^ “【速報】会津美里町長を逮捕 官製談合の疑いで福島県警”. 河北新報. (2021年2月25日). https://kahoku.news/articles/20210225khn000034.html 2021年2月25日閲覧。 
  27. ^ “会津美里・渡部町長ら逮捕 官製談合の疑い”. 福島民共新聞. (2021年2月25日). https://www.minyu-net.com/news/news/FM20210225-588786.php 2021年2月25日閲覧。 
  28. ^ “渡部町長の辞職が成立 美里町議会同意、選挙4月25日投開票軸”. 福島民友新聞. (2021年3月9日). https://www.minyu-net.com/news/senkyo/FM20210309-592485.php 2021年3月9日閲覧。 
  29. ^ 斉藤弘伸 (2021年4月8日). “前橋市職員ら3人逮捕 官製談合 予定価格漏えい疑い”. 上毛新聞. https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/286095 2021年4月8日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集