指定都市市長会

全国の政令指定都市

指定都市市長会(していとししちょうかい)は、日本の政令指定都市相互の緊密な連携により調査・研究、関係機関への要望活動等を通して、政令指定都市行財政の円滑な運営及び進展を図る事により、地方分権の推進に努める事を目的として設立された。本部事務局は東京都千代田区に設置されている。

目次

事務局編集

体制編集

部会編集

平成22年度より、それぞれ下記の部会が設置されている。

  • 地域主権推進部会
  • 大都市制度検討部会
  • 市民生活・都市活力部会
  • 経済・雇用部会 - 平成24年2月新設
  • 災害復興部会 - 平成24年2月新設

特命担当編集

平成24年2月より、それぞれ下記の特命担当が設置されている。

  • 国会議員の会担当(浜松市長)
  • 中核市特例市連携担当(新潟市長)

沿革編集

2009年12月25日に行われた会長選の立候補者

当落 立候補者 役職 票数 推薦人
矢田立郎 神戸市長 10票 札幌市長、川崎市長、京都市長、大阪市長、広島市長 (大阪市長以外は全て副会長)
  河村たかし 名古屋市長 8票 新潟市長、静岡市長、浜松市長、岡山市長

歴代会長編集

氏名 役職 任期
1   松原武久 名古屋市長 2003年12月21日 - 2009年3月31日
2   矢田立郎 神戸市長 2009年4月1日 - 2010年3月31日(1期目)
2010年4月1日 - 2012年3月31日(2期目)
2012年4月1日 - 2013年11月19日(3期目)
  上田文雄 札幌市長 2013年11月20日 - 2014年3月31日(会長職務代理)
3   林文子 横浜市長 2014年4月1日 - 2016年3月31日(予定)

関連項目編集

外部リンク編集