挿し木(さしき)は、広義には植物を兼ね備えない一部分を切り取り、そこから茎と根を具備した独立個体の植物に仕立てる無性繁殖法[1]

切り取ったから延びた不定根
挿し木のための切り取り例

概要編集

広義の挿し木は利用する部分によって、枝挿し、幹挿し(茎挿し)、根挿し、葉挿し、地下茎挿し、球根挿し、果実挿しがある[1]。また、広義の挿し木は、これらの部分を挿し付ける方法だけでなく、埋幹、埋条、埋根(根伏せ)など埋め込む方法、さらに水中や空中で行う方法もある[1]

一般的には、母株の枝あるいは幹(茎)の一部を土に挿し、その一部が地上に出た状態にしておくものを挿し木(狭義の挿し木)という[1]。優良品種の育成や固定された純系の保存の手段として園芸や林業において重要な技術である[1]

挿し木(狭義)は若枝の一部を土に挿して発根を促し苗木を育てる方法で、取り木接ぎ木とともに種子によらない繁殖法で「栄養体繁殖」と総称されている[2]。切り取った枝を挿し穂、挿し穂を挿し付けるための場所を挿し床という[3]。挿し木などの栄養体繁殖が発見された年代や発祥となった地域は不明である[2]。しかし、メソポタミアでは川の氾濫後に河畔でヤナギの折れた枝が再生する例や倒れたナツメヤシが復活する例を経験していたとみられている[2]

挿し木は古代ギリシャでは知られており、ヒポクラテス「子供の自然について」12章やテオプラストス「植物原因論」には挿し木の記述がある[1][2]。中国では540年頃にそれまでの農業関係書を総括した「斉民要術」が著されたが、「食経」(260年頃)からの引用文として若枝を芋魁(いもがしら)か蕪菁根(かぶら)に挿してから植え付ける方法を記載している[1][2]。若枝をイモやカブに挿すのは乾燥を防ぐためで、古代ヨーロッパで苗木の海上輸送のときに用いられた方法である[2]。なお、漢字の「插」は接ぐことを示すものだったが、「斉民要術」では接ぎ木だけでなく挿し木の意味でも用いられ、「農桑輯要」(1273年)から「接」は接ぎ木に「插」は挿し木に使われるようになった[2]。日本にも遣隋使や遣唐使などで「斉民要術」などの農書が輸入されており官吏は挿し木や接ぎ木を知っていたとみられるが、「古事記」や「日本書紀」にはこれらとみられる記述はない[2]。挿し木に関しては江戸時代の貝原益軒の「花譜」(1694年)に記述がある[1]

挿し木の種類編集

  • 葉挿し
    • 斑入りサンセベリアなどは葉だけを挿すと斑が無くなるが、茎の一部が付くように挿し穂を取ることで繁殖可能。シュウカイドウ類などは葉挿しで容易く増やせる。また多肉植物も葉挿しで容易に増やせるものも多くあるが、葉の色が薄い種や斑入りの品種などは葉挿しでは、うまく根付かない例もある(葉緑素の保有率が低いのが原因とされている)
  • 茎挿し
    • 植物体の新芽の部分を残した状態で挿す「天挿し」新芽の部分と根元部分の両方を切り葉を1~5枚程度残した枝を挿す「管挿し」などがある。また挿し穂を用土に対してどのような形態で挿すかによる「垂直挿し」「斜め挿し」「水平挿し」「舟底挿し」などがあり植物の種類や使用する挿し穂の形状などによりこれらの中からより適切な方法を選択する。
  • 葉芽挿し
  • 根挿し、または根伏せ
    • 根や地下茎の一部を切り取り土に埋めるなどする方法。地上部を挿しても発根しない植物ではこの方法を実行する。また一部に地上部の挿し木も可能だが、この方法の方が成功率が高い植物もある。
  • 接ぎ木挿し
    • 接ぎ木作業と挿し木を同時に行う。技術的な難易度は高いが、穂木・台木ともに小さくて扱いやすく作業性も良い為、経済的に有利な場合がある。バラなどの繁殖に利用される。

挿し木の方法編集

植物成長促進剤(発根・活着促進剤)を挿し穂の切り口に塗布することにより、挿し木繁殖を容易にする。

  • オキシベロン(インドール酪酸)
  • ホルモナイト Hormo-Knight (糖原生アミノ酸 Glucogenic amino acid, インドール酢酸誘導体、インドール酪酸誘導体)※主に接ぎ木の際に使用する薬剤だが挿し木でも有効
  • ルートン(α-ナフチルアセトアミド)※食用作物には使用しない方が良いとされている
  • メネデール(二価鉄イオン化合物)

これらの薬剤は単に発根を促進する効果の他に、挿し穂の切り口に膜を張り保護し腐りにくくするなどの効果もあり、特に挿し木の難易度が高い植物では相応の効果が期待できる。

管挿しの場合、上部も切り取られている挿し穂を使うが、この場合は上部の切断面にトップジンMなどの薬剤を使用することで、切断面からの水分の蒸散や切り口の腐敗などを抑える効果を得られる。

挿し穂の下部(地面に挿す部分)は水平ではなく斜めにカットするかV字型にカットする方が良いとされている。これは、挿し穂の切断面の断面積が大きくなるからである。根が無い挿し穂は切り花のように茎の切断面から水分などを吸い上げることになるが断面積が大きくなることで、より効率よく用土から水分を吸い上げることが出来、挿し木の成功率を高める効果を得られる。

挿し木に使用する用土は、一般には肥料分を含まない用土を使用する。肥料分を含む用土を使用すると、養分を補給できてしまうので、今のままで問題ないと植物が反応してしまい、結果発根の妨げになるとされている。ただし発根後は相応の肥料分を与えてやる必要がある。

挿し木の例編集

挿し木によって繁殖させる植物の中で観賞用に栽培されるものの代表的なものとしてサツキドラセナなどが、食用の植物においてはサツマイモパイナップルバナナなどが挙げられる。

サツキやドラセナの例
サツキは個体ごとの花の模様の差異を鑑賞するものであるため、増殖にはクローン作成が欠かせない。ドラセナは種子からより格段に早く大きな鑑賞に適した株を生産できるのみならず、再生力が高いことから単に切断した幹を水に挿しておくだけで発芽する珍奇な様子が、観賞用として珍重されてもいる。
サツマイモ
サツマイモが本来の栄養繁殖器官であるを植えるのではなく、農業の現場で挿し木が用いられるのは、ひとつの種芋から生じる多数の蔓を切り取って挿し木することにより、効率的に多数の苗を確保できるからである。
パイナップル
パイナップルは本来ならば花が受粉すれば種子ができるが、種子ができなくても果実は成熟し、集合果の先端の冠芽を挿し木することで繁殖できる。ただし、経済栽培においては株の根元から出る芽を挿し木することが普通である。これによって優良品種のクローンを継続的に確保できるほか、種子繁殖よりはるかに短いサイクルで果実を収穫できる。
バナナ
バナナの栽培品種は倍数体で受精能力がなく、種子ができない。そのため、新石器時代以来の原産地で栽培化に成功した人間が、挿し木によって優良品種のクローンを維持して今日に伝えたものである。

土木工事への応用編集

荒廃した斜面を復旧する治山土留工事では、土留の杭などに挿し木による更新が可能なヤナギニセアカシアが使われることがある。これは土留により土砂の流出を防ぐとともに挿し木による効果により、早期緑化を狙うものである。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 森下義郎. “さし木の腐敗とその防止および回避”. 林業試験場研究報告 第165号. 2021年9月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 古代ギリシャ、ローマおよび中国における果樹の挿木、取木、接木の実施とそれらの発祥に関する考察”. 北海道教育大学釧路校ESD推進センター. 2021年9月1日閲覧。
  3. ^ 挿し木で増やす身近なみどり”. 長野県. 2021年9月1日閲覧。

関連項目編集