メインメニューを開く

探偵小説四十年』(たんていしょうせつよんじゅうねん)は、江戸川乱歩による、探偵小説作家としての自伝作品である。10年以上にわたり連載され、連載期間、ページ数ともに、乱歩最大の作品である。

連載中の1954年(昭和29年)11月に、『探偵小説三十年』として岩谷書店から出版された(著者還暦記念)。また、完結後の1961年(昭和36年)7月に、『探偵小説四十年』として桃源社から出版された(菊判三段組562ページ、定価1300円、初版限定)。現在では、光文社より、江戸川乱歩全集第28、29巻『探偵小説四十年(上)』、『探偵小説四十年(下)』として刊行されている。

執筆時期編集

連載編集

休載編集

  • 1956年(昭和31年)1月 - 3月(『貼雑年譜』(後述)の資料整理のため)

光文社文庫版目次編集

  • 自序
  • 処女作発表まで
  • 余技時代(大正十二・三年度)
  • 探偵作家専業となる(大正十四年度)
  • 東京に転宅(大正十五(昭和元年)度)
  • 放浪の年(昭和二年度)
  • 陰獣」を書く(昭和三年度)
  • 生きるとは妥協すること(昭和四年度)
  • 虚名大いにあがる(昭和五年度)
  • 最初の江戸川乱歩全集(昭和六年度)
  • 二回目の休筆宣言(昭和七年度)
  • 精神分析研究会(昭和八年度)
  • 小栗木々の登場(昭和九・十年度)
  • 甲賀・木々論争(昭和十一・十二年度)
  • 隠栖を決意す(昭和十三・四・五年度)
  • 末端の協力(昭和十六・十七年度)
  • 愈々協力に励む(昭和十八・九年度)
  • 戦災記(昭和二十年度)
  • 探偵小説復活の昂奮(昭和二十一年度)
  • 探偵作家クラブ結成(昭和二十二年度)
  • 探偵小説第三の山(昭和二十三・四年度)
  • 幻影城」出版と文士劇(昭和二十五・二十六・二十七年度)
  • 涙香祭と還暦祝い(昭和二十八・二十九年度)
  • 小説を書いた一年(昭和三十年度)
  • 英訳短編集の出版(昭和三十一年度)
  • 追記(昭和三十二年度)

付録編集

  • 作品と著者 - 年度別に執筆作品(小説・随筆・評論)と著書、講演、放送(ラジオ/テレビ)、映画などをまとめたもの
  • 江戸川乱歩既刊随筆評論集目録
  • 写真人名索引
  • 人名索引

「探偵小説40年」出版記念会編集

日時 1961年(昭和36年)7月1日

場所 日活國際會館シルヴァールーム

発起人のうち主な人物

など豪華な面々だった。

貼雑年譜編集

乱歩が自らに関する資料(新聞記事、雑誌の切り抜きなど)を集め、コメント等を付したスクラップブック。全9巻。1、2冊目が戦前で、3冊目が戦中、それ以降が戦後である。戦前のものは、戦争中の暇な時間を活用して作られたもので、丁寧なコメントが書き添えられている。3冊目以降は、『探偵小説四十年』の執筆に併せて作られたもの。なお、この時『探偵小説三十年』は一時休載し、整理後、『探偵小説三十五年』として執筆が再開された。

戦前分の第1・2巻は、次の形で公刊されたことがある。

関連項目編集