探偵物語 (1983年の映画)

根岸吉太郎監督の映画

探偵物語』(たんていものがたり)は、赤川次郎の小説。

本項ではこの小説を原作とした映像作品についても述べる。

もともと映画化を前提に書かれたメディアミックス作品であり、主人公・直美はその主演・薬師丸ひろ子に当て書きされたものである[1]

1983年に映画化され、1984年および2018年にテレビドラマ化された。


なお、映画の出演者である松田優作主演のテレビドラマ『探偵物語』とは別の作品である。

ストーリー編集

富豪の令嬢である女子大生の直美は、5日後に父のいるアメリカ合衆国への移住を控えていた。ボディガード兼監視役として雇われた私立探偵・辻山が直美の前に現れ、はじめは疎んじていた直美は、やがて辻山に好意を持つようになる。

そんな中、辻山の元妻のクラブ歌手・幸子(さちこ)が辻山のアパートに駆け込んでくる。幸子の現在の恋人でクラブ支配人の和也が、ともに訪れたラブホテルの浴室で突然刺殺体となったと言うのだった。状況証拠から容疑者となった幸子は警察や和也の生家・国崎組に追われる身となっていた。ニュースで幸子の事件を知った直美は、辻山と幸子を自邸にかくまい、トリックの解明と真犯人探しのために奔走する。

小説編集

探偵物語
著者 赤川次郎
発行日 1982年11月25日(単行本)
1984年4月1日(文庫本)
発行元 角川書店
  日本
言語 日本語
コード ISBN 978-4-04-149720-3(文庫本)
  ウィキポータル 文学
[   ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

1982年に新書判のカドカワノベルズから書き下ろし作品として刊行され、後述の映画公開後の1984年に文庫化された(角川文庫)。

映画編集

探偵物語
監督 根岸吉太郎
脚本 鎌田敏夫
原作 赤川次郎
製作 角川春樹
出演者 薬師丸ひろ子
松田優作
音楽 加藤和彦
主題歌 薬師丸ひろ子「探偵物語
撮影 仙元誠三
編集 鈴木晄
製作会社 角川春樹事務所
配給 東映洋画
公開   1983年7月16日
上映時間 111分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 51億円
配給収入 28億円
テンプレートを表示

探偵物語』(たんていものがたり)は、1983年に公開された日本映画薬師丸ひろ子の主演映画第3作。アイドル絶頂期に大学受験で休業していた薬師丸の復帰作である。封切り時の同時上映作品は『時をかける少女』。

相手役である松田優作との身長差30センチや、当時の清純派アイドル女優としては極めて異例であるディープ・キスシーンなどで話題を呼んだ[2]。主題歌を除く劇伴・挿入歌などの作曲を加藤和彦が担当した。

キャスト編集

新井直美
演 - 薬師丸ひろ子
裕福な家庭の女子大生。母親はおらず、父親は仕事の都合で単身アメリカで暮らす。好奇心旺盛で、度胸があり少々のことには動じない性格。行動派で、思い立ったら即動くタイプ。1週間後に大学を休学してアメリカで暮らす予定だが、後に起こる事件に自ら首を突っ込む。
辻山秀一
演 - 松田優作
赤川探偵社の探偵。上司からの指示で直美の尾行とボディガードの依頼を受ける。バツイチで独身。冷静で寡黙な性格でどちらかと言うと慎重派。ただし行動的な直美のペースにつられて、勢いに流されることもしばしば。元妻・幸子が殺人の容疑で指名手配され、彼女の無実を信じて直美と共に真犯人を探す。

直美の主な関係者編集

長谷沼君江
演 - 岸田今日子
新井家の家政婦。直美のことを「お嬢様」と呼んで丁寧な物腰で接するが、時には母親のように意見することもある。彼女の父と男女の仲にある模様。
永井裕
演 - 北詰友樹
直美が所属するサークルの先輩。オートバイを持っている。ゼミの同級生進藤正子と男女関係にあるが、直美には単なるゼミ仲間と偽り関係を隠している。予てから直美に気があり、彼女がアメリカに行ったまま帰らないかもしれないと知って、送別会代わりにデートに誘い、夕食の後一緒にホテルに入った。
進藤正子
演 - 坂上味和
永井の彼女で、彼の部屋へ通い部屋の家事をしている。永井が金持ちの娘が好きだと思い、金を稼ぐためにナイトクラブバニーガールをしながら客相手に売春している。

秀一の主な関係者編集

直木幸子
演 - 秋川リサ
秀一の元妻。29歳。ナイトクラブの歌手。秀一との離婚後和也と愛人関係になる。秀一とは離婚後も会えば普通に会話する仲で、和也の死を契機に秀一への恋心が再燃する。
国崎三千代
演 - 中村晃子
和也の妻。和也が自分のことをほったらかしにするため欲求不満が高まり、いつからか岡野と肉体関係を持つ。和也の葬儀ではショックで倒れこむが、退席した直後に岡野に抱かれるなどしたたかな女性。
国崎和也
演 - 鹿内孝
幸子が働くナイトクラブのオーナー。剛造の息子。作中の事件の被害者。幸子と愛人関係にあった。彼女と行ったホテルの浴室で何者かによって刺殺された。


組の人たち編集

国崎剛造
演 - 藤田進
暴力団の組長で和也の父。高齢だが岡野も恐れる威厳のある人物。岡野たちに命じて息子を殺した犯人を探させる。
岡野
演 - 財津一郎
暴力団員のまとめ役。和也殺しの容疑がかかった幸子が失踪したため、手下とともに居場所を突き止めようとする。秀一や直美が幸子を匿っていると知り、手荒いやり方で追い詰める。
和田
演 - ストロング金剛
暴力団員。岡野の手下。力が強く行動が荒々しい。ただし、手下の組員が直美に向けて銃を発砲した時は、「街なかで撃つな!」と叱っている。
佐藤
演 - 山西道広
暴力団員。岡野の手下。幸子の居場所を聞き出すため、秀一が勤める赤川探偵社の事務員の女性を脅す。

その他編集

赤川晶
演 - 荒井注
赤川探偵社の代表。秀一の上司。秀一の居場所を聞きに来た岡野たちに脅される。
高峰刑事
演 - 蟹江敬三
殺人の容疑で指名手配された幸子と犯人隠匿罪の罪で秀一を逮捕する。
ラブホテルマネージャー
演 - 三谷昇
和也が殺されたラブホテルのフロントで働く。ホテルに暴力団員たちが来たため、警察に通報する。
警官
演 - 林家木久蔵
直美が秀一と初めて会った時にトラブルになったため、交番で二人に事情を聞く。
アパートの住人
演 - 榎木兵衛
秀一が住むアパートの隣の部屋の住人。秀一たちがアパートに貼り込んだ岡野から逃げるために手助けとなる。
直美を誘う男
演 - 加藤善博
33歳で秀一と同世代の男性。ディスコで一人でいた直美を口説いて外に連れ出し、ラブホテルに誘う。
若い男
演 - 清水昭博
黒背広の男
演 - 草薙良一清水宏庄司三郎檀喧太南雲佑介
その他
演 - 大川陽子桑田和美太田真由美高山成夫斉藤建夫島貫晃若狭広海西村英子飯島大介昌子英理奈吉田功

スタッフ編集

製作編集

撮影編集

ロケ地立教大学および[4]新東京国際空港

薬師丸の大学入試が終わる1983年3月クランクイン[1]、6月後半クランクアップ[5]

配給編集

薬師丸の休養後のカムバック作で大ヒットは間違いなく、東映と東宝の激しい配給権争いが映画関係者の間で話題を呼んだが[1][6]、『セーラー服と機関銃』の配給実績が買われ、東映(東映洋画)になった[1]

プロモーション編集

前作『セーラー服と機関銃』の大阪での舞台挨拶で人が集まり過ぎて上映中止になったことを踏まえ[7]、多くの人が集まっても問題の起こらない野球場を使用して『探偵物語』のキャンペーンを実施した[8]。大阪は1983年6月25日大阪球場[7]。薬師丸率いる野球チームのヒロコーズが草野球をし、持ち歌3曲を披露するミニ・コンサートも行われた[8][5]。背番号8940(やくしまる)をつけた薬師丸は1イニング限定で投手として守り、順不同でバッターボックスにも立った[9]。全国7箇所で行われた試合の相手チームはジャパンアクションクラブ後楽園球場)、毎日放送アナウンサーズ[5]および吉本興業チーム(大阪)、西鉄ライオンズOB(福岡)、地元マスコミ・チーム(名古屋)など[8][9]。 

興行成績・評価編集

第1回ゴールデングロス賞優秀銀賞、マネーメイキングスター賞を受賞した。

音楽を担当した加藤和彦は、根岸吉太郎監督の仕事ぶりには自分と近いものがあるとし、この作品もとくに終盤の15分間はフランス映画のようで、圧巻の出来と評している[10]

28億円の配給収入は1983年の邦画で2位となった[11]興行収入は51億円[12]

関連商品編集

ビデオグラム編集

下記以外にも、松田優作DVD-BOX等に収録されている。

  • 探偵物語(DVD)(2000年12月22日、角川エンタテインメント、KABD-88)
  • 探偵物語 Blu-ray(Blu-ray Disc)(2009年10月23日[13]、角川エンタテインメント、DAXA-1129)
  • 探偵物語 デジタル・リマスター版(DVD)(2009年10月23日[13]、角川エンタテインメント、DABA-0647)
  • 探偵物語 ブルーレイ(Blu-ray Disc)(2012年9月28日[14]角川映画、DAXA-4273)
  • 探偵物語 角川映画 THE BEST(DVD)(2016年1月29日[15]KADOKAWA、DABA-91111)

サウンドトラック編集

書籍編集

  • 『探偵物語 カドカワフィルムストーリー』(角川文庫 / 1984年11月発行 / ISBN 4041595045

テレビドラマ編集

1984年版編集

探偵物語
ジャンル テレビドラマ
原作 赤川次郎
脚本 中村勝行
演出 高橋伴明
出演者 渡辺典子
柄本明
馬渕晴子
風祭ゆき
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域  日本
放送期間1984年1月8日 - 1月29日
放送時間日曜日20:00 - 20:54
放送枠日曜ファミリードラマ
放送分54分
回数4
テンプレートを表示

1984年1月8日から1月29日までTBS系列の「日曜ファミリードラマ」枠で毎週日曜日20:00 - 20:54(JST)に放送された日本のテレビドラマ。全4話。主演は渡辺典子

キャスト (1984年版)編集

スタッフ (1984年版)編集

2018年版編集

探偵物語
ジャンル テレビドラマ
原作 赤川次郎
脚本 黒岩勉
演出 筧昌也
出演者 斎藤工
二階堂ふみ
夏木マリ
吹越満
製作
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域  日本
放送期間2018年4月8日
放送時間日曜日21:00 - 23:05
放送枠日曜プライム
放送分125分
回数1
公式サイト
テンプレートを表示

2018年4月8日テレビ朝日の「日曜プライム」枠(日曜日21:00 - 23:05、JST)の第1弾作品として放送された日本のテレビドラマ。主演は斎藤工二階堂ふみ[16]

キャスト(2018年版)編集

スタッフ (2018年版)編集

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d 「邦画新作情報 薬師丸ひろ子の復帰作を撮る根岸吉太郎監督」『キネマ旬報1983年昭和58年)1月下旬号、キネマ旬報社、1983年、 178頁。
  2. ^ 熟女にアイドルに大モテ松田優作 - 松田優作 過去ニュース : nikkansports.com” (1983年2月11日). 2014年10月15日閲覧。
  3. ^ 中川右介「第七章 頂点-1983年」 『角川映画 1976-1986 日本を変えた10年』角川書店、188頁。ISBN 4-047-31905-8 
  4. ^ 「人気ドラマ&CFにみる東京ロケ地マップ」『週刊明星』1988年3月3日号、集英社、 52–56頁。
  5. ^ a b c 「映画NEWS」『プレイガイドジャーナル』1983年8月号、プレイガイドジャーナル社、 23頁。
  6. ^ 高橋英一・西沢正史・脇田巧彦・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル 人気絶頂の薬師丸ひろ子のカムバック作をめぐって東映と東宝が激突!!」『キネマ旬報1982年昭和57年)8月下旬号、キネマ旬報社、1982年、 173頁。
  7. ^ a b 「CINE・RANDOM」『プレイガイドジャーナル』1983年4月号、プレイガイドジャーナル社、 24頁。
  8. ^ a b c 時代を彩った「角川映画」とは何だったのか? (3ページ)”. 東洋経済オンライン (2016年7月30日). 2016年7月30日閲覧。
  9. ^ a b 時代を彩った「角川映画」とは何だったのか?(4ページ)”. 東洋経済オンライン (2016年7月30日). 2016年7月30日閲覧。
  10. ^ STUDIO VOICE1983 p.29
  11. ^ 1983年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  12. ^ “「フラガール」受賞にホッ…アカデミー賞の権威保った”. Zakzak. (2007年2月19日). オリジナルの2017年8月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170829164427/http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_02/g2007021916.html 2017年8月29日閲覧。 
  13. ^ a b 没後20年記念で、松田優作の映画4作品がBlu-ray化 - AV Watch” (2009年8月18日). 2016年8月15日閲覧。
  14. ^ 「戦国自衛隊」や「七日間戦争」など角川映画20本BD化 - AV Watch” (2012年7月6日). 2014年11月4日閲覧。
  15. ^ 角川映画40周年記念、「犬神家」「セーラー服」など30タイトルの廉価版DVD発売 - 映画ナタリー” (2016年1月28日). 2016年8月15日閲覧。
  16. ^ 探偵物語:テレビドラマとして34年ぶりに映像化 斎藤工、二階堂ふみが主演”. まんたんウェブ (2018年2月23日). 2018年2月23日閲覧。
  17. ^ “安藤裕子が薬師丸ひろ子のヒット曲をカバー、ドラマ「探偵物語」の主題歌に”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年3月23日). https://natalie.mu/music/news/274860 2018年3月23日閲覧。 

外部リンク編集