メインメニューを開く

地理編集

新宿区の北東部に位置する。町域の北は大久保通りを境に下宮比町に、東は外堀通り境に神楽河岸に、南は神楽坂二丁目に、西は津久戸町にそれぞれ接する。町域北東部は飯田橋交差点に接しており、目白通り・外堀通り・大久保通りが交差しており、交通の要所になっている。大久保通りはこの交差点を始点としている。町域東側の飯田橋駅付近の一角に当たる。ビルやオフィス、マンションや商店などが並んだ商業地となっている。

歴史編集

1988年(昭和63年)、近隣の5か町とともに、従前の町名町域を継承する形で住居表示が実施された。

町名の由来編集

町名は、もと飯田濠に面した荷揚げ場があったことによる。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
揚場町 54世帯 105人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
全域 新宿区立津久戸小学校 新宿区立牛込第三中学校

施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口 町丁別世帯数及び男女別人口”. 新宿区 (2017年12月1日). 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P871
  5. ^ 通学区域”. 新宿区 (2017年9月19日). 2017年12月22日閲覧。

外部リンク編集