メインメニューを開く

携帯電話IP接続サービス(けいたいでんわIPせつぞくサービス)は携帯電話端末によるインターネット等への接続サービスである。

目次

概要編集

携帯電話(フィーチャー・フォン)やPHS端末にデータ通信機能とCompact HTMLブラウザを搭載し、端末単独でインターネットWebサーバ)へ接続し、情報コンテンツの取得・送信とインターネットメール化されたキャリアメールの送受信をすることができるサービスである。通信プロトコルHTTPによるものが標準化されている。

1999年2月に世界初の携帯電話IP接続サービスとしてNTTドコモiモードが開始され、同業他社のEZwebJ-Skyが追従し、爆発的に普及した。この3サービスはパケット通信によりアクセスポイントとなる携帯電話キャリアの専用ゲートウェイ(iモードセンター等)に接続し、閉鎖的なネットワーク網に構築されたメニューサイトWebサーバーへの接続、もしくは外部のWWWメールサーバーに接続し、各種サービスの提供がなされている。

携帯電話キャリアによるサービス開始当初は回線交換方式によるショートメッセージサービスよりも廉価な通信料でキャリアメールができる事から人気が高まり、次いでコンテンツプロバイダの増加によるメニューサイトの充実や、外部のWebサーバー上で公開した勝手サイトの閲覧ができることも認識され、2000年以降爆発的に利用者が拡大した。2001年のiアプリを皮切りにJavaアプリケーションの配信が開始され、第3世代携帯電話以降では着うた動画といったリッチコンテンツの配信も始まった。

2004年フルブラウザを搭載した携帯電話端末が登場し、携帯電話向けに作成したサイトだけでなく、パソコン向けのデータサイズが大きいサイトも閲覧できるようになった。

2008年のソフトバンクモバイルによるiPhone発売以降、スマートフォン向けにアレンジした同種のサービスも並行展開されている。また、2001年から2005年にはNTTドコモがPDAやノートパソコン向けのinfogateを提供していた。

問題点編集

勝手サイトではYahoo!モバイルgooモバイルGoogleモバイルなどポータルサイトや、個人らが作成した自作コンテンツ(画像など)、ブログケータイ小説など有益なサイトが多数開設されたが、一方でアングラ電子掲示板出会い系サイトアダルトサイト自殺系サイト学校裏サイトなどの闇サイトなども無数に開設され、エンドユーザーネットリテラシー如何ではトラブルに巻き込まれたり、ワンクリック詐欺ネットいじめの誘発など犯罪の温床を作り出してしまった。2006年頃からはメニューサイトでもSNSのケータイ版サイトが開設されている。このため、2005年頃から携帯電話キャリアでは主に未成年者のユーザーを対象にメニューサイト以外の閲覧を不可とするフィルタリング (有害サイトアクセス制限)サービスの提供を行っている。

開始当初より迷惑メールが横行したことで2002年には特定電子メールの送信の適正化等に関する法律が施行され、電子メールフィルタリングの整備が行われた。

サービス開始当初はパケット通信料が完全従量制のため、メール送受信やサイト閲覧・コンテンツのダウンロードの頻度が多くなるにつれ高額な通信費となり、支払いが困難となるパケ死という言葉を生み出し、一部の利用者は通信料支払い拒否を求めて携帯電話キャリアに訴訟を起こす事態となっている。2004年にはNTTドコモのパケットパックなどパケット定額制プランが登場したことで通信費の平準化に寄与することになったが、利用法によっては定額対象外となる場合もあるため、説明書を熟読するなどサービスの理解が必要である。

メニューコンテンツ編集

サービス名編集

類似するサービス編集

スマートフォン編集

PHS編集

固定電話編集

2001年に固定電話の多機能コードレスフォン・ファクシミリ機においても携帯電話と同じコンセプトで開始されたが、当時のPHSと同様に回線交換式で通信料が嵩むことなどで利用者が伸び悩み、2010年までに終了した。

モバイル端末向け編集

記述言語編集