摩耶寺(まやじ)は、東京都品川区荏原7丁目にある寺院。摩耶夫人像を祀っていることで知られる。旧本山は身延山久遠寺。池上中延法縁、池上大坊(顕の字)法縁。

摩耶寺まやじ
Mayaji koyama shinagawa.JPG
所在地 東京都品川区荏原7-6-9
山号 仏母山
宗派 日蓮宗
本尊 曼荼羅
創建年 寛文七年(1667年
開基 日了
中興 日義
正式名 仏母山摩耶寺
札所等 荏原七福神 寿老人
文化財 祖師像、木像摩耶夫人立像(品川区指定文化財)
法人番号 5010705000231 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

歴史編集

当寺院は、寛文七年(1667年)の創建と伝えられている。延宝五年(1677年)に祖師像が、 延宝六年(1678年)に安置されている摩耶夫人像が造られる。多くの像は日蓮宗不受不施派の弾圧の際、法華寺(現在の円融寺)から当寺院に移されたものである。摩耶夫人が祀られている摩耶堂は天保年間(1830年1843年)に造られたものである。その後関東大震災第二次世界大戦などからの災害からは免れた。本堂は1978年に完成したもの。また荏原七福神の一つとして寿老人を祀っている。

施設・史跡編集

  • 本堂
  • 釈迦堂(摩耶堂)
  • 摩耶寺会館

アクセス編集

参考資料編集

  • 新編武蔵風土記
  • 品川区による案内板

関連項目編集

外部リンク編集