摩訶!ジョーシキの穴

摩訶!ジョーシキの穴』(まか ジョーシキのあな)は、日本テレビ系列で毎週木曜日19:58 - 20:54に放送されていたクイズバラエティ番組。内容は世間が知っている常識の中に隠された、世間の知らない“穴”の部分を二択にしてクイズとして出題するものである。2004年4月8日 - 2005年3月17日放送。

摩訶!ジョーシキの穴
ジャンル クイズ番組 / バラエティ番組
放送時間 木曜19:58 - 20:54(56分)
放送期間 2004年4月8日 - 2005年3月17日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 三浦伸介(総合)、菅賢治
プロデューサー 桜田和之安岡喜郎(以上CP)、菅賢治、松岡至
出演者 福澤朗爆笑問題ほか
テンプレートを表示

目次

概要編集

もともとこの番組は、特番で放送していた『国民脳力ランキング!クイズ!常識の時間』から2002年10月に『国民クイズ常識の時間』としてレギュラースタートしたのが始まりで、『クイズ!常識の時間!!』『ジョーシキの時間2』と変更してリニューアルしていった。これら前身番組の司会は古舘伊知郎だったが、2004年3月に古舘が『報道ステーション』のメインキャスターに専念するため、当番組からは福澤朗日本テレビアナウンサー(当時)が司会を担当した。

クイズ重視だった『常識の時間』シリーズとは異なり、この番組は全国の不思議な建造物などをレポーター(日テレアナウンサーなど)が取材するVTRが中心で、かつて同局で放送されていた『投稿!特ホウ王国』に近いものがあった。不思議な事物を見たレポーターが「摩訶ですねー!!」と言う決まり文句があった。またクイズに不正解すると「黒ひげ危機一発」ゲームの要領でお笑い芸人等のゲストが宙に飛ばされるなどバラエティ色の強い内容だった。

滝口順平の「お仕置きだべー(設定はドクロベエ)」というナレーションがあったが、後の「ヤッターマン」リメイクのヒントになったとも言われている。メインテーマは、伊福部昭ゴジラのテーマをアップテンポ調にアレンジしたものが使用されていた。番組でゴジラ特集が組まれたこともある。

ルール編集

前番組『ジョーシキの時間2』の「司会者vs解答者」図式を引き継ぎ、爆笑問題がゲスト5名とともに福澤とクイズ対決する。

前期ルール編集

  • あるテーマ(物の製造過程や各地の不思議なスポット)に関するクイズを出題
  • 持ち点は第1回〜第2回は1000マカ(1万円相当)、第3回〜第5回は1万マカ(10万円相当)からスタート
  • 出題されたA・B2択(場合によっては3択または4択)のどちらが正解かを、チーム全員で議論した後、多数決でどちらに賭けるかを決定。太田がマカと呼ばれる通貨(1マカ=10円相当)を決まった側に賭ける(最初の2回は、福澤が「おマカせ人」役をチームの中から1人指名。その人が賭ける側も含めた全ての最終決定権を担っていた)。正解なら等倍返し、不正解なら没収。滝口の「お仕置きだべ〜!!」の声と同時にチーム全員のイスが横に傾く。
  • なお、2択の選択肢が発表される前に「爆笑チャンス」があり、爆笑問題の2名がノーヒントで解答し、正解すれば持ち点のマカが3倍増する。
  • 最終問題は「太田の落とし穴」で、身近にある穴の開いた物(CDなど)に別の物体が通るか否か(穴と通す物のどちらの直径が大きいか)を当てるクイズ(通らせる時には、『勇者ライディーン』の搭乗コード「フェード・イン!」[声:神谷明]が使われた)。通常とは逆に爆笑チームが出題側(爆笑問題が、掛け合いを交えつつVTRを進行)、福澤が解答側となり、福澤は正解だと思う方の台座に立つ。もう一方には、福澤だけが落ちるのが不公平ということでチームの代表者1名が立つ。正解すれば賭けたマカは没収、チームの代表者の足元が割れ、発泡スチロールの中へ沈められる。不正解だった場合は賭けたマカが3倍になって返り、福澤が発泡スチロールの中へ落とされる(このセットは当時、爆笑問題が出演していた『第24回全国高等学校クイズ選手権』の東京大会で応用される)。
  • 最終的に獲得したマカを、用意された賞品と引き換える。

スターの穴ビンゴ編集

  • 前期に登場したボーナスゲーム。5×5のビンゴのマスに24人の芸能人が入っており(真ん中はフリー),事前に7つの質問に答えている。爆笑チームは1人ずつ質問を選び解答。芸能人の答えと合っていればヒットとなり、その芸能人のマスが空く。
  • 同じ人に2回以上当てても「かぶった」というだけでペナルティやボーナスはない。
  • 四隅を当てると「ラッキーパーソン」となり、同じ質問でもう一度別の回答を答えることができる。ただ、四隅には個性的な答えをしそうな人が入っているため、当てるのは容易ではない。
  • 1人1問行って、最終的に空いたマス1マスにつき100マカ(第4回のみ1マス200マカ)、1ビンゴにつき2000マカを獲得。

後期ルール編集

  • マカが廃止され、各問題に正解すると豪華賞品がもらえるシステムに変更。
  • 2択の前の「爆笑チャンス」は、正解したら金一封が獲得できるようになった
  • 2択に正解すれば、爆笑チームが賞品獲得の権利を得る。不正解の場合は前期通り滝口の「お仕置きだべ〜!!」の声と同時にチーム全員のイスが横に傾いて没収され視聴者プレゼント。
  • 第13回から不正解した時の罰として、爆笑チーム全員に炭酸ガスが発射されるに変更される。
  • 最終問題の「太田の落とし穴」で、福澤が不正解すると、権利を得た賞品を獲得。ただし、福澤が正解すれば爆笑チームの賞品はすべて没収、その回に登場した全賞品が視聴者プレゼントとなる。なお、爆笑チームが1つも賞品を持っていない場合には金一封をかけてクイズとなる(金一封は視聴者プレゼントに含まれない)。

ヒミツの穴!危機一髪編集

  • 第7回から新ボーナスステージとして登場した。
  • 市販されている「黒ひげ危機一発」を模した内容のゲーム。
  • 1つのテーマに沿った7個(後に5個)の事実の中に1個だけ紛れている嘘を選ばないように、1個ずつ選択していく。
  • 解答方法は、爆笑チームの1人が人質として入っている樽の穴に剣を挿して解答。
  • 事実であれば何も起こらないが、嘘を選ぶと人質が逆バンジー方式で飛び上がり失敗となる。
  • 嘘の選択肢だけを残して、事実を全て引き当てることができれば賞品獲得。

出演者編集

スタッフ編集

  • 構成:小野高義、山谷隆、桜井慎一、工藤ひろこ、須平敦宣、石塚祐介、ヒロハラノブヒコ、榊暁彦、桝本壮志、田澤清彦、久保貴義、高野順二、大谷裕一、八代丈寛/野口悠介/岩立良作
  • TM:勝見明久
  • SW:高梨正利
  • CAM:山田祐一、村上和正(週替り)
  • 音声:鈴木佳一
  • 照明:谷田部恵美、小川勉
  • 技術協力:NTV映像センターヌーベルバーグ八峯テレビ
  • 美術プロデューサー:高野豊
  • 美術デザイン:久保玲子
  • 大道具:赤木直樹
  • 小道具:宍倉正一
  • 電飾:清水郁子
  • モニター:中川英幸(ジャパンテレビ
  • PR:立柗典子
  • CG:スウィッシュ・ジャパン
  • EED:中西正照(毎週)、石上淳、丸山寿和、加納敏行(週替り)(読売映像
  • MA:島崎敏晴、安藤隆司(読売映像)
  • TK:大岡伸江
  • 音効:森山顕仁(ヘンドリックス)
  • 制作進行:本間正幸
  • AP:渡辺るみ子
  • デスク:山本恭代
  • ナレーション:滝口順平(前期のみ、同時期に放送されていた「クイズ!家族でGO!!」でも同じドクロベエを模したナレーションをやっていた)、広居幡、村井かずさ
  • リサーチ:野村直子、今別府亮(フォーミュレーション)、下澤由紀子、野崎雅之(スコープ)、高橋裕臣、波多野忠夫(HIT)
  • (企画)協力:タイタン
  • 制作協力:オフィスぼくらTV-SIONFactNCV
  • ディレクター:鈴木守、安彦和弘、小塩佳宏、石塚宏充、安島隆、上利竜太、渡辺(邊)政次、森大祐(毎週)、広江孝吉、三藤豊、廣田健介、中本訓彦、中井康二、渡辺修一郎、鈴木賢一、森本雅也、水口智就、坂井つとむ、大岡慎介、宇津浩二、佐々木英敏、桑田直征、高橋雄康、矢野努、波多野俊介(週替り)
  • VTR演出:上記ディレクターの中から毎週1名
  • 演出:上記ディレクターの中から毎週1名
  • プロデューサー:松岡至、瀬戸口正克(瀬戸口→以前はAP)、小林宏充、中村喜伸、高家宏明、神尾育代、細越貴子
  • 演出アドバイザー:伊藤慎一
  • 総合演出:三浦伸介
  • プロデューサー・演出:菅賢治
  • チーフプロデューサー:安岡喜郎(2004年6月 - 最終回)
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ編集

  • 構成:堀江利幸、とちぼり元、YAS5000
  • SW:村松明
  • 電飾:村上雅洋
  • EED:神宮寺曉(読売映像)
  • チーフプロデューサー:桜田和之(2004年4月8日 - 2004年5月20日)

外部リンク編集

日本テレビ系列 木曜20時台
前番組 番組名 次番組
ジョーシキの時間2
(2002年10月 - 2004年3月)
摩訶!ジョーシキの穴
(2004年4月 - 2005年3月)
金のA様×銀のA様
(2005年4月 - 2006年6月)