メインメニューを開く

摩訶衍(まかえん、hwa shang ma hā ya na)は、8世紀の仏教の名で、招聘されて吐蕃チベット)に伝えた。

786年貞元2年)、敦煌陥落の頃、ティソン・デツェン王は吐蕃に、この禅僧の摩訶衍(マハーヤーナ)を呼んで布教させた。

吐蕃でインド仏教系の僧は、シャーンタラクシタ(寂護、? - 787年)亡きあと、禅の教義に疑義を示し、文書による論争を重ね、禁教にいたらせた。

摩訶衍は無念・無想・無作意による悟得の教義を説いて791年には皇后(没盧氏)を出家させた。しかし、禅の信徒の抵抗で794年禁教が解かれた。

王はインドからカマラシーラ(蓮華戒)を呼び、サムイェー寺のチャンチュプ院においてその面前で摩訶衍を論破させ、妙観察智を捨てた無念の禅を退けたので摩訶衍は敦煌に去り、インド仏教の正統性が認められ、主導権が確立されたと伝えられる(サムイェー寺の宗論中国語: 拉薩法諍)。

参考文献編集

  • 『頓悟大乗正理決』(794年

関連項目編集