撚糸(ねんし)とは、をより合わせたもの、また、糸によりをかけることを指す。

主に製糸の工程とされ、日本では主に桐生市などで盛んに行われていた[1]

脚注編集

  1. ^ 全国の撚糸産地|日本撚糸工業組合連合会”. www.nenshi.or.jp. 2020年1月11日閲覧。

外部リンク編集