播磨科学公園都市

播磨科学公園都市(はりまかがくこうえんとし Harima Science Garden City)は、兵庫県南西部(播磨地方)の丘陵地帯(吉備高原の東端部)を切り開いて造成した学術公園都市上郡町佐用町たつの市にまたがり、3市町の住所に光都と付く。西播磨テクノポリス計画の拠点都市である。

SPring-8付近

目次

概要編集

国内外の著名な建築家ランドスケープデザインの専門家ら(磯崎新安藤忠雄渡辺真理ピーター・ウォーカーなど)の指導のもと、“時間とともに成長する森の中の都市”をコンセプトに都市全体の計画がなされた。都市機能と景観の両面から一体的にデザインすることにより、快適な居住環境と優れた研究環境を備えたデザイン性の高い都市を目指した。そのため特にその最初期のものについて、ポストモダン建築など計画当時(1980年代)の建築デザインの潮流を反映した、上述の建築家らによるデザイン性の高い一連の建築物群が多数みられる。

1997年には目玉施設であるSPring-8の供用開始を受けて、「まちびらきフェスティバル」が行われた[1]

通称"テクノポリス"あるいは"テクノ"とよばれており、都市へ通じる兵庫県道44号相生宍粟線には"播磨テクノライン"という愛称が付けられている。都市の中心には"テクノ中央"交差点がある。

開発開始から30年にあたる2015年の報告では、区域人口は1,434人であり、当初の計画人口25,000人に対し僅か 5.7%にとどまっている[2]

主に公共施設や研究施設等が立地しており、造成地の大半は現在売り出し中である。

 
光都プラザ
 
テクノ中央交差点
 
兵庫県西播磨県民局
 
播磨高原東小学校

立地施設編集

研究機関編集

公共機関編集

郵便局編集

  • 西播磨光都プラザ郵便局(上郡町)

スポーツ施設編集

  • ふれあいスポーツ交流館(たつの市)
  • ストークヒルゴルフクラブ(上郡町)
  • 播磨光都サッカー場(上郡町)

学校・教育施設編集

2007年3月に廃校されたはりまコンピュータ・カレッジの校舎・施設を利用。

企業編集

交通機関編集

バス編集

一般道路編集

相生市方面

  • 国道2号より兵庫県道44号相生宍粟線(播磨テクノライン)

たつの市方面

上郡町方面

佐用町方面

  • 国道179号線より兵庫県道28号上郡末広線

高速道路編集

ヘリポート編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集