改札鋏(かいさつばさみ、かいさつきょう)とは、鉄道駅改札口きっぷに入場したことを示す切り込みを入れるために使われる道具[1]。通称「改札パンチ」[2]

概要編集

以前は主に自動改札の無い改札で使用されていたが、自動改札普及後は裏が磁気化されていないなどで自動改札を通せない乗車券に有人窓口で日付入りスタンプを押す形式が主流となっている。改札鋏を置いている鉄道事業者そのものが希少であり、きっぷを切る光景はほぼ見られなくなった。現在では小湊鉄道など[3]一部のローカル鉄道で硬券を購入し、有人駅にて駅員に頼みきっぷを切る事が可能である[3]

形状は大きく分けて「一般型」と東京鉄道管理局用の「東鉄型」の2種類。「一般型」は持ち手の先端がニッパーのように離れている。「東鉄型」は持ち手の先端同士が当たるため、反動で速く切ることが可能である[2]

切り込みは「鋏痕(きょうこん)」、その形状は「痕形」、切り込みを入れる行為は「入鋏」と呼ばれた[2]。「痕形」は全国でおよそ140種類あったとされ、「東鉄型」は46種類あった[2]

JRでは1992年にほぼ廃止された[4]

しかしJRでは2019年12月から28年ぶりに、有人改札で回数券で入場する場合に、スタンプと併用して改札鋏を使う事例が出てきた。

改札鋏の鋏痕編集

例として、小田急電鉄の各駅における入鋏済み乗車券の鋏痕を示す。すべての駅で鋏痕が異なっていることがわかる。小田原線 - 江ノ島線 - 多摩線の順。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

  • 検札鋏 - 列車内で乗務員が使用する鋏。