メインメニューを開く

放蕩息子 (カンタータ)

クロード・ドビュッシーが作曲したカンタータ
ギュスターヴ・ドレによる放蕩息子の帰郷

放蕩息子』(ほうとうむすこ、: L'Enfant prodigue 作品L57は、クロード・ドビュッシー1884年に作曲したカンタータで、叙情的情景(scène lyrique)と銘打たれている。『道楽息子』とも表記される。テキストはエドゥアール・ギナン(Edouard Guinand) によって作成された「ルカによる福音書」の放蕩息子のたとえ話を題材にした劇詩である[1]。この曲によってドビュッシーは3度目の挑戦でようやくローマ大賞を受賞した[2]

概要編集

 
1884年の肖像画、 マルセル・バシェ

初演は1884年6月27日パリで行われた。初稿版はピアノ伴奏版でローズ・キャロン英語版エルネスト・ヴァン・ダイク英語版エミール=アレクサンドル・タスカン (英語)の配役であった。1906年から1908年にかけて改訂版が作成され、こちらは管弦楽伴奏となっているが、ピアノ伴奏版のほうも改訂されている。ローマ大賞の審査員たちによる評価は「非常に顕著な詩的センス。輝かしく情熱的な色彩、生き生きとして劇的な音楽」というものであった[3]。なお、審査員のなかにはシャルル・グノーエルネスト・ギローもおり、この二人は本作を強く支持した[4]。また「ドビュッシーにとっては最初の管弦楽付の劇的声楽曲で、マスネ風の繊細な感覚や情緒の陰影が旋律にはうかがわれるが、後のドビュッシーの独特の作曲法は、和声などの面で既にその萌芽が認められる」[5]。非常に劇的な構成を持っているので、作曲者の死後、1幕物のオペラとして演奏されることもある[6]

登場人物編集

人物名 声域 原語名  初演者
アザエル テノール Azaël 若いガリラヤ
放蕩息子
エルネスト・ヴァン・ダイク
リア ソプラノ Lia 放蕩息子の母 ローズ・キャロン
シメオン バリトン Siméon 放蕩息子の父 アレクサンドル・タスカン

楽器編成編集

演奏時間編集

約30分。

楽曲構成編集

 
リオネッロ・スパーダ による放蕩息子の帰郷
1. 前奏曲

静謐な夜明け、アザエルの母親リアは遠くから聞こえてくる陽気な歌声に耳を傾ける。オーボエの6連符が田園の長閑さを表す。

2. リアのレシタティフアリア

リアは「アザエルよ!何故家出などしたのだ」と歌う。ドビュッシー好みのソプラノの歌曲の官能的な響きが特徴的。

3. シメオンのレシタティフ 

アザエルの父が現れ、泣き暮れるリアを慰める。

4. 行列と舞踏曲 

帰郷したアザエルが遠くから村人たちの祭りで踊る陽気な姿を懐かしそうに見詰める。この場面は次の悲痛な情景と明確な対照をなしている。ハープが多用されたドビュッシーらしいオーケストラにより若々しく魅力的な音楽となっている。

5.  アザエルのレシタティフとアリア 
 
ジェームズ・ティソ による放蕩息子の帰郷

アザエルは村人たちの陽気さに自分の同様の過去の姿を想起させられ、後悔の念に苛まれ、今は故郷を前にしてそこに留まる勇気すらないと絶望し、倒れてしまう。オーケストラは比類ない美しさを表している。

6. リアのレシタティフ 

祭りでの村人の歌声を聴いていたリアは苦しみと悲しみを込めて歌うが、旅人の男が倒れているのに気づく。やがて、それが自分の息子であると分かって驚く。

7. リアとアザエルの二重唱 

アザエルは母の介抱によって意識を取り戻す。二人は感動し、喜びの二重唱を歌う。伝統的なオペラの一場面のような部分だが、非常に感動的な音楽となっている。リアはやってきた夫と召使いたちに息子が戻ったことを伝える。

8.  シメオンのレシタティフとアリア 

平伏した息子アザエルの許しを乞うリアに応え、シメオンも息子を許し抱擁する。

9.  リア、アザエル、シメオンによる三重唱 

アザエルは父シメオンに謝罪し、放蕩息子である自分を受け入れてくれた両親と共に感動的な三重唱となる。最後は神への賛歌となって締めくくられる[7]

関連作品編集

主な録音編集

配役
アザエル
リア
シメオン
指揮者
管弦楽団
合唱団
レーベル
1962 ミシェル・セネシャル
ジャニーヌ・ミショー
ピエール・モレ
アンドレ・クリュイタンス
トリノRAI交響楽団
トリノRAI合唱団
CD: Arts Music
ASIN: B0009KFAOC
1981 ホセ・カレーラス
ジェシー・ノーマン
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ
ガリー・ベルティーニ
シュトゥットガルト放送交響楽団
シュトゥットガルト放送合唱団
CD: Orfeo
ASIN: B000028AW9
2009 ベルナール・リシュテル
ギレーヌ・ジラール
アラン・ビュエ
エルヴェ・ニケ
ブリュッセル・フィルハーモニック
フランダース放送合唱団
CD: Glossa
ASIN: B002P9KAV8
(初稿版)
2016 ロベルト・アラーニャ
カリーナ・ゴーヴァン
ジャン・フランソワ・ラポワント英語版
ミッコ・フランク
フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
フランス放送合唱団
CD: Warner Classics
ASIN: B01MQQIIA0

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『伝記 クロード・ドビュッシー』P68
  2. ^ 『ドビュッシー 香りたつ音楽』P61
  3. ^ 『伝記 クロード・ドビュッシー』P69
  4. ^ 『伝記 クロード・ドビュッシー』P69
  5. ^ 『作曲家別名曲解説ライブラリー』P200
  6. ^ 『作曲家別名曲解説ライブラリー』P200
  7. ^ 『ドビュッシー 香りたつ音楽』P60~61

参考文献編集

  • 『ラルース世界音楽事典』 福武書店
  • 『作曲家別名曲解説ライブラリー10 ドビュッシー』平島正郎平野昭、真崎隆治、村井範子ほか 共著 音楽之友社、(ISBN 9784276010505)
  • 『ドビュッシーとその時代 (大作曲家とその時代シリーズ)』テオ・ヒルスブルンナー (著)、吉田 仙太郎(訳)、西村書店 (ISBN 4890135049)
  • 『伝記 クロード・ドビュッシー』フランソワ・ルシュール(著)、笠羽映子訳、音楽之友社、 (9784276131620)
  • 『ドビュッシー 香りたつ音楽』島松和正 (著)、講談社エディトリアル、(ISBN 4907514808)
  • 『ドビュッシー (作曲家・人と作品シリーズ) 』松橋 麻利(著)、音楽之友社、(ISBN 4276221897)

外部リンク編集