メインメニューを開く

政党・尊命(たける)は、平成期に存在した日本政党[1]。現在は事実上活動を行っていない。

概要編集

2001年6月、千葉県知事選挙での党の方針に反対して民主党から離党した衆議院議員田中甲が設立した。所属議員が1名だったため、院内では無所属扱いだったが、2003年8月に、無所属の山村健2002年に民主党を除籍された)が入党。院内会派としての尊命が結成された。9月には会派名を「フロンティア」に改称した。

同年11月の総選挙に山村は出馬せず引退。ただ1人出馬した田中が落選して以降の所属国会議員はなく、田中は2009年みんなの党への合流を表明。これに伴い、尊命は事実上の消滅状態となっている。

党史編集

脚注編集

  1. ^ 総務省が公開している政治資金収支報告書のなかには記載がない

外部リンク編集