メインメニューを開く

教会スラヴ語

古代教会スラヴ語より後、11世紀~17世紀頃に東・南スラヴで用いられた文章語
教会スラブ語から転送)

教会スラヴ語古代教会スラヴ語より後、11世紀17世紀頃に東・南スラヴで用いられた文章語であるが、東ヨーロッパ諸国(ブルガリアポーランドチェコスロバキアロシアベラルーシセルビアモンテネグロボスニアヘルツェゴビナマケドニア共和国ウクライナスロベニアクロアチアなど)の正教会では、現在でも典礼言語として今でも半ば「生きた言葉」として使われている。

教会スラヴ語
Kiev psalter.jpg
Page from the Spiridon Psalter in Church Slavic
話される国 東ヨーロッパ
話者数
言語系統
表記体系 グラゴル文字 (Glag)
キリル文字 (Cyrs)
言語コード
ISO 639-1 -
ISO 639-2 -
ISO 639-3 -
テンプレートを表示

古代教会スラヴ語教会スラヴ語と呼ぶ場合がある。

関連項目編集

外部リンク編集

  • Orthodox Christian Liturgical Texts in Church Slavonic
  • Bible in Church Slavonic (iPhone / iPod Touch)
  • Bible in Church Slavonic language (PDF texts in Church Slavonic; web page in Russian)
  • Problems of computer implementation (ロシア語)
  • Full Russian Church Slavonic Dictionary (with Old East Slavic words) (ロシア語)
  •   Herbermann, Charles, ed. (1913). "Slavonic Language and Liturgy" . Catholic Encyclopedia (in English). New York: Robert Appleton Company.
  • Church Slavonic Keyboard Online