神学

神をはじめとする宗教概念についての理論的考察を行う学問
教学から転送)

神学(しんがく、英語:theology、ドイツ語:Theologie、ラテン語:theologia)は、信仰を前提とした上で、をはじめとする宗教概念についての理論的考察を行う学問である。神道仏教では、教学(きょうがく)や宗学(しゅうがく)と呼称することが多い。護教学(ごきょうがく)と呼ばれることもある[注釈 1]。各宗教ごとに存在するものではなく、自身の信仰について考察する学問として、一般的な神学が存在しうるとの理解も可能である[注釈 2]。Theologyの語源はギリシア語θεολογια。θεος (神)および λογος(言葉)の合成語。「神についての議論(学問)」という意味。

目次

定義編集

現在、日本の思想史研究の慣例では神学の語をもってキリスト教神学を指すのが一般的であるが、これは他宗教における神学を否定するものではない。他宗教における神学は「イスラム教神学」などと宗教名を冠するのが普通である。神道においては、真野時綱『古今神学類編』と書名に使われるように、江戸時代から用いられている言葉ではあるが、現代の神道では「教学」を用いることが多い(例:「神社本庁教学研究所」)。仏教では「宗学」や「教学」が用いられている。

方法論的には哲学とほぼ同一であり、哲学の部門視されることもある。しかし神学は理性によっては演繹不可能な信仰の保持および神の存在を前提とすることで、一切の思想的前提を立てない理性の学としての哲学とは異なるとする見方が一般的である。このような立場に立つ思想家の例としてトマス・アクィナスなどが挙げられる。

また、イエス・キリストへの信仰を前提とするという意味において宗教学とも異なっている[1]キリスト教学との違いについては、対象は変わらないがアプローチの方法が異なるという意見と、本質的な違いはないという意見がある。

なお特定の神学者の名を冠して「バルト神学」などという場合や、ある思想名を関してその思想との融合・発展を意味する場合(例:フェミニスト神学)もある。

歴史編集

教育機関での「教学」編集

大学などの教育機関などにおいては、「教育」と「学問」を合わせて「教学」という言葉を用いる。これは、欧米のキリスト教神学などとは別のものである。

また、当時の文部省でも1937年教学局が設置されているが、宗教的な観点ではなく、教育・学術行政を担う部局という意味合いである[2]

キリスト教の神学編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 文脈によっては、護教学という言葉は神学の立場を批判する意味を込めて用いられる。
  2. ^ 一部のキリスト教大学の神学部では、信者以外の入学も認めており、神学部を卒業した仏教僧侶もいる。

出典編集

  1. ^ 増田祐志編「はじめに」『カトリック神学への招き』上智大学出版、2009年4月10日。3頁。
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典小項目事典 教学。

参考文献編集

  • 『キリスト教神学入門』 アリスター・E.マクグラス(神代真砂実訳 教文館 2004)
  • 増田祐志編『カトリック神学への招き』上智大学出版、第1版第1刷、2009年4月10日。304頁。ISBN 978-4-324-08637-7

関連項目編集